踏まれた麦は強くなる―辛抱・値千金

著者 : 霧島一博
  • ザマサダ (1996年3月発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915977237

踏まれた麦は強くなる―辛抱・値千金の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フランスのシラク元大統領が感動して涙を流したという評判があったので購入。

    歴史と伝統が支配する相撲界の中で、周りと違うことを選択できる著者に共感。

    とはいえ流石に1996年の著作なので古くさは否めない。
    かといって古典という感じではない。

    霧島関を知っている人は楽しめるかも?

  • 霧島が大関にあがった頃は、相撲が面白かった。好きな力士でした。
    スローモーでいながら、アップダウンの激しい霧島の土俵人生。霧島が引退する直前までを描いた本です。目標のためにはさまざまな努力を行い、油断をすれば失敗する。
    世間の目が自分に向いていないと感じた時に、しおれるか、奮起するか。自分とは逆張りの人生だからこそ、憧れたのかもしれません。

  • 憧れの和製ヘラクレスがいかにして出来上がっていったか。

    心技体の究極とは。

    勇気をもらえる一冊です。

  • フランスの大学の教科書にもなり、シラク前大統領も感動して読んだという本!

全4件中 1 - 4件を表示

霧島一博の作品

ツイートする