だるまちゃん・りんごんちゃん―だるまちゃんのともだち

著者 :
  • エツコ・ワールド
3.65
  • (4)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784916016393

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • りんごの品種が長野産かと思いきや、かこさんワールドで面白かったです。大人向けでなく、子どもが楽しむ心を大事に考えておられるところですね。

  • かこさとしさんっておいくつ?
    すごーく昔の作品もあるし、まだ新作が本屋さんに並んでいたり。
    (今調べたら、やなせたかしさんより年下でした)
    今回、なつかしの「だるまちゃん」シリーズ番外編といったところ。
    かみなりちゃんりんご、てんぐちゃんりんご、うさぎちゃんりんご、等々
    懐かしいみんなも、りんごの姿で登場します。

  • だるまちゃんの仲間が福音館意外にいたとは知らなかった!

    『からすのパンや』のいろんなパンもそうですけど、この本に登場するりんごたちも、かなりです(笑)。

    ぶどうりんご、みずたまりんご、にじりんごはまだまだ序の口。
    かみなりちゃんりんご、てんぐちゃんりんご、うさぎちゃんりんご、ときたら・・・。
    おちびさんたちは絶対喜びますよ。

    個人的には飯田市の人形芝居が登場したのが大変嬉しい!

  • うーむ、ちょっとよく分からなかった。

  • これはあのシリーズではないのですが。東北弁が読むのに引っかかります。難しい。

  • おばあさんの話がちょっとぞぞっとしました。いろんなリンゴ、食べたいような食べたくないような(笑)1冊で3冊分くらいの内容の濃さのある本でした

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

かこさとし:1926年福井県武生市(現越前市)生まれ。大学卒業後、民間企業の研究所に勤務しながらセツルメント運動、児童会活動に従事。1973年退社後、作家活動、児童文化の研究、大学講師などに従事。作品は500点以上。代表作として「からすのパンやさん」「どろぼうがっこう」(偕成社)「だるまちゃん」のシリーズ(福音館書店)、「こどもの行事しぜんと生活」シリーズ(小峰書店)などがある。

「2021年 『かこさとしと紙芝居』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かこさとしの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×