チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記

著者 :
  • 産業編集センター
3.67
  • (43)
  • (33)
  • (94)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 320
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784916199768

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サブロとチャルカがやってきます!
    大阪・北堀江の東欧を旅する雑貨店「チャルカ」と、東京・吉祥寺の文具店「サブロ」。紙好き、文房具好きな2つの雑貨店がやってきます!
    各ショップのオリジナルアイテムに加え、それぞれの目線で選んだ文房具や紙もの、楽しい限定コラボグッズも並びます。
    どこか懐かしくて味のある、東欧と日本の文房具たちをどうぞお楽しみください。
    angers
    ラヴィサント梅田店 4/15 monー5/6 mon
    http://angersblg.exblog.jp/17536733/
    ビュロー エキュート上野店 4/26 friー5/19 sun
    http://angersblg.exblog.jp/17669195/

  • 古本で購入。読んだら多分売るなぁと思ったら意外に面白くて取っておくことにした。

  • 楽しかったー!ちょっとした旅気分が味わえます。雑貨大好き文具大好きレトロ大好きには堪らない。海外でのハプニングも大好きな物の為ならって感じ。旅に出たくなる。本と一緒に良い感じの紙物も購入。チャルカにも行きたい。

  • 大阪で雑貨のお店を開く2人の女性による東欧仕入旅の記録。フリマの「お店屋さんごっこ」からはじめて起業。「いつかお店をやりたいね」と「旅が仕事になるといいのにね」を実現。へんに意気込んだりしないで自然体なのがよかったのかもしれない。彼女たちが東欧でよく利用するという、ユーロシティEC171列車は、たしかにとっても魅力的だ。朝7:26にベルリンを出発して、夕刻の19:40にブダペスト着。この間、ドイツ~チェコ~スロヴァキア~ハンガリーと4カ国を踏破する。ぜひ、ぜひ乗ってみたい。ノスタルジックな旅になりそうだ。

  • 東欧(特にチェコ)に行きたくなりました。(行ったこと、ないんですが。)

  • 読み物だった

  • おばあちゃんがかぶってる帽子、お菓子のパッケージ、時代遅れな自動車、そしてその車の持ち主のおっちゃん、、雑貨ハンターのかわいいセンサーの鋭さはさすがすごいです、普通の旅行じゃなかなか気づけないことだろうな。雑貨って、単体でもかわいいけどその背景、持ち主と合わさるとなんともかわいらしいんだな。センサーの鋭さは行動力と人間観察力なのか。

  • 北堀江の雑貨屋さん、CHARKHAの買いつけ旅日記。
    切手と紙と色んな雑貨たち。
    大切に思う気持ちが伝わってきます。

  • 東欧雑貨のお店
    "チャルカ"の本です。

    この本の好きなトコも
    「フランスのかわいい本」のように
    ましかくぽくて控えめなサイズぽい
    トコです( ´艸`)

    同じく
    本を開いてみると
    東欧のかわいい雑貨やスナップ写真が
    満載で万歳!!

    2005年ものなので
    最新の情報ではないのですが
    東欧の雑貨は
    西欧のモノほど洗練されてなくて
    素朴なトコが魅力だったりもするので
    問題ないナ♪

    この本のなかで
    ひときわ興味を惹かれたのが
    DIA FILMの頁です。

    DIA FILMとは
    ポジフィルムに絵とお話を焼き付けた
    フィルム版紙芝居のようなもの

    映写機の光で壁に投影して
    観るのだそうな!!

    観てみたいΣ(・ω・ノ)ノ!

    あと

    水玉パッケージが可愛い
    チョコとチーズの国民的おやつ?
    トゥーロルディ!!も

    食べたひ♥☆彡

  • この本に出てくる雑貨たちが全部かわいいものばかりで、すごくきゅんきゅんします。
    読むと旅行に行きたくなる1冊です。

全42件中 1 - 10件を表示

チャルカの作品

チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記を本棚に登録しているひと

ツイートする