鴨川ホルモー

著者 :
  • 産業編集センター
3.80
  • (714)
  • (999)
  • (964)
  • (117)
  • (22)
本棚登録 : 4857
レビュー : 1013
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784916199829

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まさかこんな話だとは・・・(笑)
    予想してた内容と全く違う話だったなぁw

    最初はホルモーの説明がとても回りくどくて、眉間にシワ寄せて読んでたけど、まー、このくだらなさったらww
    でも、奴らが消えていく様がなんだか可哀相で……ちょっと胸が痛んだ。

    京都が舞台で(しかも京大)、自分に自信がない根暗(?)な青年が主人公で、設定が突拍子もないってとこから森見さんと比較されてることが多いけど、個人的には万城目さんの文章の方が読みやすかった。

    それにしても・・・万城目さんにしろ、森見さんにしろ、吉田神社をなんだと思ってんだww
    由緒正しき神社をネタにしすぎ・・・・・で、面白いw

  • 京都を舞台にした、という部分に惹かれ読んでみました。
    「ホルモー」というわけのわからない設定でありながらも一種のファンタジーと考え読んでしまえば楽しめる内容でした。「ホルモー」にまつわるさまざまなしきたり・慣習の類はどれも古めかしい印象で京都という舞台にしっくりくる内容になっていると感じました。
    ホルモーそのものの戦いの描写部分は実際にはオニが戦っているにも関わらず主人公の語りが一人称となっているからか、臨場感が伝わる内容です。一方、ストーリー全体、特にホルモーで優勝できない展開や男女の人間関係などはいい意味で予想を裏切る展開がなくどちらかというと平坦な印象。それもあって星4つ、5つをつけるには至らず3つとしました。

  • 京都4大学のサークルで行われる鬼を使役した対戦競技"ホルモー"と、それを使役する大学生の青春話。
    ホルモー自体にはさほど魅力は感じなかったけども、人間関係のあれこれが読み応えありました。

  • なんとなく想像していた内容と違っていたけど、面白くて一気に読めました。

  • 京大をはじめとする4つの大学のサークルで行われる競技(?)、ホルモー。最初の3分の1くらいは、あまり面白さを感じられなかったが、実際にホルモーが開始されてから青春も絡めてあって徐々に楽しくてなってくる。「オニ」なるものが出るあたり、京都らしさがあって雰囲気も◯。高村の個性もいいけど、後半からドンドン化けてくる楠木さんもお気に入り。なんぞや?と思っていた「ホルモー」の意味も面白かった。

  • 文章は好きだけど、モーレツにばかばかしい。

  • 2016/1読了。

  • マンガかラノベに近いコミカルな作品です。友人はどこが面白いの??と言ってましたが、大学時代の学生生活を思い出せる青春小説だと思います。

  • さわやかな?青春群像・・・なのでしょうか。

    京都、オニ、神様はこわい?

    京都の町と大学生とホルモーという不思議な競技について、わくわくしながら読むことができました。

  • 初めて手に取った万城目さんの作品。
    何やら慣れ親しんだ世界観…
    ああ!森見さんだ、森見さんの世界観だ!と感じた序盤でしたが、やはり当然のことながら非なるもので。
    文体のせいでしょうか、偏屈でないせいでしょうか、まさしを心の師としながらも大学生の若々しい感じがした。
    お前はまさしの友達か!

    後半の楠木さんの魅力は計り知れず、危うく惚れそうになりました。
    既読者様レビューのピクミンを理解しながらの読破です。(初読)

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鴨川ホルモーのその他の作品

万城目学の作品

ツイートする