鴨川ホルモー

著者 :
  • 産業編集センター
3.80
  • (714)
  • (999)
  • (964)
  • (117)
  • (22)
本棚登録 : 4857
レビュー : 1013
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784916199829

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホルモー!!!
    京都の大学生は楽しそうだなあ(しみじみ

  • 意味がわからなくてバカバカしくて、すばらしい。

  • 大学生たちが、京都に古から伝わる「ホルモー」なる摩訶不思議な競技で戦う話です。

    サークルや恋に明け暮れる大学生の日々を、生き生きと描いた“アホな”作品で、とても面白かったです。
    同じ関西育ちで、万城目さんとは同世代なだけに、どの作品を読んでも、波長が合う感じがします。

    これは映画化したら面白い絵が撮れるだろうなぁ、と思っていたら、とっくの昔(2009年)に映画化されていました。

  • 和風ファンタジーの二台巨塔、森見登美彦と万城目学。その万城目さんの処女作。好きだなあ。まず「京都×大学生×鬼」って設定がずるい。本当に京都の大学生はこういう摩訶不思議な競技を夜な夜な楽しんでるんじゃないかって気すらしてくる。オレも好奇心を抑えきれない大学時代を魑魅魍魎の巣食うこの街で過ごしたかった。そしたら今以上に奇人変人になれたのに。

    全体的にちょっとゆるい感じの、でも最後まで飽きない良質のエンターテイメントでした。次は『ホルモー六景』ですかね。

  • 主人公の薄味さが森見作品との差異か。
    その分脇役が素敵。

  • 京都が舞台の本を読みたくてチョイス。
    架空の競技、試合展開はあまり詳しく描写されていないけど、ルールがシンプルな分、奥深い世界だろうなー。賢い子たちがやるから余計に。

  • 万城目の本に惹かれた頃

  • 京都の焼肉屋の話ではなかった。
    京都が舞台の作品ってなんでこんなに心がひかれるんだろうか。
    話が分かりやすくて面白かった。
    脇役をキャラクターはもっと掘り下げたら良かったのでは、とも思うが、語り部である主人公があまり脇役たちに関心を持っていないので仕方がない。

  • 主人公がさだまさしフリークであることに感動した! こんなに まさし愛あふれるキャラクターに久しぶりに出会った。それだけで、この作品を読んでヨカッタ。
    これで“関西3部作”をすべて読み終わったことになるが、戦争ごっこに関心はないので『鹿男あおをによし』が一番かな。2番は『プリンセス・トヨトミ』。本作は元同僚から勧められていたものの読む機会がなく、何年も経って手に取ることになったのだが、…京都に愛着の無い私には、地名の羅列にはそれほどヨロコビを覚えなかった。
    しばらく『レナウン』のCMソングが頭から離れそうにない。(2017-03-22L)(2017-04-12L)

  • ホルモ~~~~

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鴨川ホルモーのその他の作品

万城目学の作品

ツイートする