ディグリ-占星術

著者 :
  • 説話社
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784916217998

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • サビアン占星術の各度数の意味について、著者自身の解釈が語られている本です。

    占星術では、それぞれが30度の幅をもつ12のサインに重要な意味があたえられています。サビアン占星術では、その各度数にシンボルが割りあてられ、そのイメージによってよりくわしいホロスコープの解釈が可能になるとされています。著者は、サビアン占星術を日本に紹介した人物の一人で、『増補改訂版・神秘のサビアン占星』(2004年、学研エルブックスシリーズ)や『愛蔵版・サビアン占星術』(2016年、学研エルブックス・シリーズ)でもその紹介をおこなっていますが、本書では著者自身のサビアン・シンボルの解釈が積極的に示されています。

    著者の解釈はおおむね、広い意味での数秘術的な考えかたを応用したもので、はたして占星術そのもののうちにこうした解釈を支持する根拠が存在するのかまったく不明なのですが、オカルトなどに関心のある読者にとってはある程度親しみやすい解釈ではないかという気がします。もちろん著者の独自解釈であるということは留意しておく必要はあると思いますが、サビアン・シンボルを漫然とながめていてもその意味がなかなかつかめないので、本書のようにある種の体系的な解釈を参照することは、サビアン占星術に関心のある読者にとって有益なのではないでしょうか。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

松村潔(まつむら・きよし)
1953 年生まれ。西洋占星術、タロットカード、神秘哲学における日本の第一人者。西洋占星術においては古典的な解釈にとらわれず、古今の宇宙思想をふまえた、壮大な体系を構築する。著書は『ヘリオセントリック占星術』(説話社)、『「月星座」占星術入門』『人間関係占星術講座』『土星占星術講座』(以上、技術評論社)など多数。

「2022年 『ムーン・ダイアリー'23』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松村潔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いけだ 笑み
レイチェル・ポラ...
ニコラス キャン...
鏡リュウジ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×