いまがたのしいもん

  • 童話屋
3.92
  • (8)
  • (6)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784924684614

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • そんなママになりたいな。

  • おとなとこども
    母と娘

    子供はみんな大人になって、
    娘はいつか母になる。

  • ちいさな女の子が「おおきくならないで」いまのまんまがいいわ、だって、いまのまんまがたのしいもん」と言います。子どもの世界には、楽しいことがいっぱい、スキップしたり、テーブルの下に潜ったり、何もしないでいつまでもじっと座っていろんな音を聞いたり……ets。小さい女の子は「いまがいちばん」のわけをおかあさんに教えてくれます。するとおかあさんは、「おとなだってたのしいもん!」と教えてくれます。

    「おかあさんはおおきくなって、あなたのおかあさんになったのよ。おとなっていいでしょ。おなたもきっとおおきくなったら、おかあさんになるの」

    それを聞いた女の子は、とってもうれしくなって、「おおきくなるって、すてき!」と思うのでした。

    「いまがたのしい」と感じることができる子は、おとなになることも期待や希望を抱くことができるでしょう。子どもたちに、「あなたのおかあさんになれてステキ!」「おとなのなるって、ステキ!」ということをいっぱい伝えてあげたいですね。

  • Charlotte Zolotow(1915年生まれ)アメリカの作家。

  • ここに登場するおかあさんがとーっても素敵。
    ああいうお母さんになりたいものです。

  • まみのお母さんがくれた絵本。
    挿絵がキレイです。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1915-2013年。米国ヴァージニア州生まれ。ウィスコンシン大学卒業。出版社で50年以上にわたり児童図書の編集者として活躍するかたわら、絵本作家として60冊以上の作品を出版。主な絵本に『うさぎさんてつだってほしいの』(冨山房)、『かぜはどこへいくの』(偕成社)、『ねえさんといもうと』(福音館書店)、『あらしのひ』『いつかはきっと』(ほるぷ出版)、『はるになったら』(徳間書店)などがある。

「2018年 『かあさん、だいすき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シャーロット・ゾロトウの作品

ツイートする
×