渡来人―尾張・美濃と渡来文化 (春日井シンポジウム (第4回))

制作 : 森浩一  門脇禎二 
  • 大巧社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784924899230

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2018.6.16 読了

    293ページ

  • 渡来人は、朝鮮半島から日本に来た人たちのことです。
    渡来人に関するシンポジウムにおける論説集です。

    近江、美濃が中心で、尾張は少しです。

    鉄に関する春日井の地名についての紹介があります。
    西尾のサイは、鉄の古語のサヒ。
    神屋のカギは、鍵の昔時。
    金ケ口、気噴、砂入、小吹の地名なども鉄との関連とのこと。
    渡来人との直接的な関係はよくわかりませんでした。

全2件中 1 - 2件を表示

渡来人―尾張・美濃と渡来文化 (春日井シンポジウム (第4回))を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×