しりたがりやのこぶたくん (こぶたくんのおはなしシリーズ)

  • 童話館出版
3.75
  • (16)
  • (18)
  • (24)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 260
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784924938441

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こぶたくんも、しりたがりやのこぶたくんも子供へ読みながら、自分があったかい気持ちになる大好きな絵本。子供に「かわいいかわいいポテトちゃん」といいながら抱っこすると、嫌がりながらケラケラ笑います。お母さんが泣いちゃうところもクスッと笑えて共感。育児に疲れているお母さんに読んでほしい本です。

  • 『こぶたくん』を登録したいのだけれど、検索できないのでこちらを登録。

  • こぶたくんの平凡な日常。
    いやされるエピソードばかりで心があたたまる。
    妹のアマンダもかわいいです。

  • こぶたくんシリーズの2冊目。
    5編の短編集で、
    小1くらいから1人で読めます。

    1つめの短編「かぼちゃ」
    何の種かわからない種を育てたこぶたくん。
    どんな実がなるかわからないけれど、
    自分で育てた実はどんな実でも
    とってもおいしい。
    まるで人生のようです。

    実際の人生では
    実がならないこともたくさんあるけれど、
    それでも芽が出るかどうかは
    育ててみないとわからない。

    たがら実がうまくついたときは
    思いっきり喜びましょう。
    味わいましょう。

    興味深かったのは
    5編中の2編がお母さんのひとり時間、
    休日にまつわるお話だったことです。

    お母さんがやすんでいる間、
    おばあちゃんと過ごしたこぶたくんと妹。
    最初はつまらなそうでしたが、
    おばあちゃんと過ごすうちに
    段々楽しくなってきます。

    お母さんと過ごす時間もいいけれど、
    他の人と過ごす時間も楽しいもの。

    それは外にでるからわかること。
    お母さんと離れるからわかること。

    そんなことも、
    教えてくれる短編集です。

    ぜひ親子で読んでみてくださいね。

  • こぶたくんがぐずっていた目玉焼きは、ハムエッグだったんだと思う。

  • 「なんで?」「どうして?」を連発する娘のために。「こぶたくんも知りたがりなんだね」と喜んで聞いていました。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • ねるじかんのところがおもしろかったよ

  •  やさしい家族のおはなし5篇が収まった絵本。
     次男坊は、寝る前にしょっちゅう呼ぶ子で、しぶしぶ付き合っていたけれど、この絵本と出会ってからは悪い気はしなくなった(少々単純な母ですが)
     
     「大らかに考える」ことも「甘える時があっていい」ことも普段見落としてしまいがち。もっと早く、この絵本に出会っていたかったと痛感したものです。

     「読んであげるなら4歳から」となっている絵本ですが、思春期の子にも 読みきかせたい絵本です。

  • いもうと、とゆう

全18件中 1 - 10件を表示

ジーンバン・ルーワンの作品

しりたがりやのこぶたくん (こぶたくんのおはなしシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×