おやゆびひめ

  • 童話館出版
3.38
  • (2)
  • (2)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784924938557

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵がいい
    最後はこんなラストだったのかと忘れていた

  • 今となって読んでみると、ずいぶんと偏見に満ちたお話なのね。

    カエルが醜いとか、モグラの書きようとか。

    で、親指姫はびっくりするほど美しいと。
    それゆえに最終的に王子様と結婚すると。

    そういうのを差別だ!とか、古い考え方だ!っていう風に思う人が増えてるのであろう現状況を踏まえると、それはそれで少しばかり生き良い世界になっているのかな、とは思うのですが。

    ポリティカリー・コレクトな親指姫を読んでみたいものですな。カエルと結婚しちゃったりして。

  • さすがにこのお話は結構内容も子どもの頃読んだのを覚えてたけど、まさか最後に親指姫がもらった羽が「ハエ」のものだったというのは、昔読んだのにはなかった気がして、衝撃を受けました。

  • 2011年11月2日

    <Tommelise>

全5件中 1 - 5件を表示

ハンス・クリスチャンアンデルセンの作品

ツイートする
×