どこへいってた?

制作 : バーバラ クーニー  Margaret Wise Brown  Barbara Cooney  うちだ りさこ 
  • 童話館出版
3.65
  • (27)
  • (30)
  • (63)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 361
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784924938588

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 赤と黒だけで描かれてシックな雰囲気です。ネコ、カエル、鯨、ライオン…色々な動物たちが登場するのですが、たった数行の短い文の中に、その生き物本来の特性の赴くままに伸び伸び生きている事が表現されていてすごい。最後のカラス好きだなー。事実、カラスって観察眼あるよね~。

  • とにかくイラストが素敵。
    赤と黒がシックでセンスがよくて飾っておきたい。

  • 今度は、マーガレット・ワイズ ブラウン×うちだ りさこ×バーバラ クーニーの三強による作品。

    なかでも、昨年、お亡くなりになられたうちださんがこのような作品の翻訳も手がけていたことを喜ぶ。

    「くじら」→「うさぎ」→「ライオン」→「ねずみ」と続く記述が、とても示唆に富んでいる。そして、にくいのは、入れ子構造で終わる「からす」のページ。得意げなカラスがこっけいです!これって私!?

  • 赤、白、黒、と色使いが少ないが、裏表紙ですら、とても美しい絵本
    文章もテンポがあり、読みやすい
    この二人の組み合わせって、すごいなぁ…

  • 黒の絵柄に赤を適度に使うことで、登場する動物たちの可愛さが
    より引き立っているように思います。
    小品ながらすばらしい絵本です。

  • 白黒に赤のワンポイントがシックな絵本。
    文章の語呂も良くて、音読するのも心地いいです♪
    カラスさんのページの細かさには脱帽!
    子ども達が気付いて驚くのはいつのなるかしら?

  • 二歳二か月

    「ねこ ねこ どこへ いってた? あっち きょろきょろ こっち きょろきょろ ぶらぶらしてた……」。りす、さかな、ことり、うま、ひきがえる、かえる、もぐら……と動物たちが次々に登場、同じパターンの繰り返し。
    りすはアイススケートで踊り、魚は水の中を泳ぎ、小鳥は空高く飛び、馬はクローバーの原っぱでうっとりするなどなど。黒と赤で描かれ、リズムもあり、絵も細かいところまでよく見ていた。再読したい。

  • 絵は好き、でも幼児には少し小さ過ぎるのが残念!

  • 2018年11月27日

    <WHERE HAVE YOU BEEN ?>

  • 皆んな、ふだん何処にいるのかと思うわよねー

全33件中 1 - 10件を表示

マーガレット・ワイズブラウンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
前川 かずお
A.トルストイ
ばーじにあ・りー...
にしまき かやこ
なかの ひろたか
マーガレット ワ...
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

どこへいってた?を本棚に登録しているひと

ツイートする