マリールイズいえでする

  • 童話館出版
3.73
  • (17)
  • (11)
  • (29)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 203
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784924938649

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2018.3.29
    お母さんと喧嘩して家出。他のとこの子にしてもらうおうと果敢にアタック。でもみんなに断られる。そりゃそうだ。いろんな動物のお母さんにお願いしては断られるその姿を見ていたら、「ねえねえ、やっぱりお母さんのとこ帰りなよ」って思わず言いたくなる。なんとも言えないハラハラ感が出てくる。親目線で。屁理屈な息子にも読んでやりたい。お母さんがいいでしょって思わせたい。いや思ってほしいと切に願う。

  • 夜の読み聞かせに。
    いい絵本だと聞いて借りてみました。
    悪いことをしてお母さんに叱られたマリールイズは、家出します。新しいお母さんを探しに行っちゃうのです。

    すごーい!家出するこの強さ(笑)そして、お母さんもしつけでおしりを叩いてしまう所が、なんとも、私の幼少期を思い出されてしまう〜〜
    今の子は、びっくりしてしまうかな?

    私は最後の再会の時、ウルウルきてしまいました。
    マリールイズの気持ちとお母さんの気持ちが、痛いくらい伝わってきます。

    お母さんの愛のメッセージが素敵でした。
    親子だから、いつも理解できるわけではなく、親子だからこそ伝えないとわからない事ばかりだったりしませんか?

    ひねくれた気持ちを治すお薬は、お母さんの見返りを求めない愛で、マリールイズもそれを感じてくれます。
    お母さんの傷ついた心を癒してくれるのは、子どもの存在。そばにいてくれるだけで、どれほど救われていることか!

    私の子どもも読み終わると嬉しそうでした。
    ぎゅーっと甘えてきました。

  • 出てくる動物が少し馴染みの薄いものが多く(主人公もマングースだし)、4歳男子の興味はさほどでもなかった。

  • 10分

  • 「マリールイズは、いつもはよい子です。
    でも、ある日、わるい子になりました。」

    気が強くて少々思い込み強めな
    マリールイズの言葉や行動がかわいい。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • マングースのマリールイズ。
    悪い子になって家出。
    へび、あひる、かめ、アルマジロ、魔法使いのカエルの子供になろうとするけれど、断られる。
    カエルに子供がほしいご婦人が来ていたと言われ、追いかけるとそれはお母さんだった。

  • ちょっと距離を置くことで自分にとってなにが一番なのかわかることってあるなってしみじみ思う絵本。

  • 25年度(1-1)

  • 母の愛と大切さ。
    サンドウィッチの場面がぐっとくる。

全20件中 1 - 10件を表示

星川菜津代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャック ガント...
マーガレット・ワ...
A.トルストイ
なかの ひろたか
エリック=カール
にしまき かやこ
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

マリールイズいえでするを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする
×