三訂版 アサーション・トレーニング: さわやかな〈自己表現〉のために

著者 :
  • 日本・精神技術研究所
3.86
  • (5)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 101
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784931317185

作品紹介・あらすじ

日本にアサーション・トレーニングを広めた著者による、原点にして決定版の一冊が、11年ぶり2度目の改訂です。心理学の新しい理論を取り入れ、大幅な加筆修正を行いました。はじめて、アサーション・トレーニングに触れる方から、旧版の書籍を読んだことのある人まで、ぜひ手に取ってほしい一冊です。

「〈アサーティブ〉とは、自分も相手も大切にした自己表現です。アサーティブな発言では、自分の気持ち、考え、信念などが正直に、率直に、その場にふさわしい方法で表現され、そして、相手が同じように発言することを奨励しようとします。つまり、アサーティブな自己表現では、自分の自己の表現の権利を活用して自ら自分を表現し、同時に相手の自己表現の権利と自由を尊重しようとします。その結果として、互いの意見が葛藤を起こすこともあり得ると考えます。つまり、互いに率直に話をすれば、自分の意見に相手が同意しないこともあるし、また、相手の意見に自分が賛同できるとは限らないこともあるでしょう。むしろ、率直に話した結果、意見や考えが一致すれば、それはラッキーなことです。一致しないときは葛藤が起こります。そんなとき、アサーティブなやり取りでは、すぐさま意見を変えて相手に譲ったり、相手を自分に同意させようとするのではなく、面倒がらずに互いの意見を出し合って、譲ったり、譲られたりしながら、双方にとって納得のいく結論を出そうとします。」(本文より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アサーションを単なる自己主張のことだと勘違いしていた。自他尊重の精神に裏付けられたコミュニケーションであることが理解できた。ダイバーシティの重要性が増す中、学ぶべき内容だ。アンガーマネジメントとしての学びもあった。「多くの場合、怒りで相手を撃退しようとするよりも、自分は『困ったり』『怖れたり』『がっかり』していますと伝えたほうが、相手に脅威を与えることなく、あなたの状態が伝わり、相手が対応しようとしてくれる可能性が高いでしょう」

  • 義務と感じていたものを権利と置き換えるだけで、こんなに考え方が自由になるとは

  • 2階書架 : 361.45/HIR : 3410167587
    https://opac.lib.kagawa-u.ac.jp/webopac/BB50371967

  • 同じ著者の本でも読みにくいと思う

  • 実践よりも心がけに重きを置いてる印象。

  • なんとなく全体感は掴めるけど実践的なのかは不明かなと思った

  • どうしてもっと早くこの本を読まなかったのだろうか・・・。コロナ禍にあって第三版を発行してくださったことに感謝しますし、この先の武器としてこの本を活用していきたい。世の中でも身近でもダイバーシティと言われ、ついには自分自身の職業課題として突きつけられている現状、私は確信を持ってアサーション訓練が現状を打破する方法と言いたい(本を読んだだけですが)。平木先生、アサーションを輸入してくださって、ありがとう。社会人の必読書になれば世の中が変わると思いました。

  • “相手ができないから、あなたにやってもらいたいと思っているから、という理由だけで、あなたがそれをしなければならないということはありません。あなたがしようと思えばやればいいし、自分で決めたのですから、できる限りでそのことに責任を取ればいいのです。自分で決めたことは、責任を取らなければならないのではなく、取ることができると思ってみましょう。”(p.95)


    “自己表現や関係のあり方は「自分で選んでいける」のだ”(p.178)

    “「人は誰でも違っている」「違いは間違いではない」”(p.179)

  • 東2法経図・6F開架:361.45A/H64a//K

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

平木典子(ひらき・のりこ)
1959年 津田塾大学学芸学部英文学科卒業
1964年 ミネソタ大学大学院教育心理学修士課程修了
現在 IPI統合的心理療法研究所顧問、臨床心理士、家族心理士
主著 『自己カウンセリングとアサーションのすすめ』(金子書房、2000)
  『図解 自分の気持ちをきちんと〈伝える〉技術』(PHP研究所、2007)
  『図解 相手の気持ちをきちんと〈聞く〉技術』(PHP研究所、2012)
  『アサーション入門』(講談社、2012)
  『アサーションの心』(朝日新聞出版、2015)
  『マンガでやさしくわかるアサーション』(共著 日本能率協会マネジメントセンター、2015)
  『ビジネスパーソンのためのアサーション入門』(共著 金剛出版、2016)
  『こころのふしぎたんたんけんえほん』(監修 PHP研究所、2016)
  『いろんなきもち―自分の心を大切にしてしあわせになる方法』(翻訳 保育社、2020)
他多数

「2021年 『三訂版 アサーション・トレーニング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平木典子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンドリュー・ス...
スタンレー ミル...
出口 治明
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×