新選組×坂本竜馬 ラブ・アンド・ピースぜよ。―坂本竜馬はジョン・レノン?

著者 :
  • プロデュースセンター出版局
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784938456689

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルからすると「どんな話なんだ!?」と内容が予想できなかったんですが、新選組の動き(土方・沖田さん)の方が結構メインでした。そこに竜馬さんとか、江戸だと千葉さな子さんが絡んでくるといった感じです。話はポンポンとテンポ良く進むので読みやすいかな。突っ込み所はたくさんあるかもしれませんが、フィクションだし、とあとがきでも語られてますのでね。(だからバラガキックとか沖田さんが言ってても「キックって!」って突っ込みつつテンポ良く読み進められます)サブタイトルの意味は…?と思った方は巻末のこじつけの部分を見れば分かります。

  • 最初は字の小ささにヒキましたがw一度読み始めたら、止まりませんでした。坂本龍馬、土方さん、沖田さんがとてもいい絡み具合です。近藤さん、藤堂平助に好意を持っている人には物足りない、もしくは…苛立つかもしれませんので、オススメできません^^;
    サブタイトルにジョンレノンの名前が出ていますが、決してジョンレノンとの絡みがあったりするわけではなくwジョンレノンと共通点が多い、ということを前提にした、フィクション小説です。新撰組や幕末に詳しくなくても、普通に小説として読めると思います♪

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする