モダニティと自己アイデンティティ―後期近代における自己と社会

制作 : 秋吉 美都  安藤 太郎  筒井 淳也 
  • ハーベスト社
3.46
  • (3)
  • (7)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784938551742

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 個人がことのほか強調される時代だからこそ、人はアイデンティティを確立して自己を設計する責任が課せられる。

  • 文章の切れがいい。ギデンスらしい気がする。

  • よくまとまっていて、わかりやすいと思う。社会学者の中では、癖がなく(そういう意味では良くも悪くもあるのかもしれない)、新しく、信頼に足る。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

アンソニー・ギデンズ(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス元学長)

「2015年 『社会の構成』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンソニー・ギデンズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル・フーコ...
ミシェル・フーコ...
マックス ウェー...
ヴィクトール・E...
デュルケーム
ウィトゲンシュタ...
アンソニー・ギデ...
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

モダニティと自己アイデンティティ―後期近代における自己と社会を本棚に登録しているひと

ツイートする