ほうちょ かけたか (ぶんけい 絵本のひろば)

制作 : 井上 洋介 
  • 文溪堂
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 7
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784938618810

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 妹カヤ、姉ヨネ
    ヨネが毎晩白いベベを着てどこかに行く
    帰りにはお金や食べ物を持って帰ってくる
    ヨネは親切な人に会ったというだけで詳しくは言わない
    自分は持ってくる帰る冷や飯を食べさせられているが、姉はあったかいご飯を食べていると思って、姉が寝ているすきに白いべべを着て出かけようとする
    姉に見つかって取っ組み合いになる
    思わず姉を包丁で刺してしまい、そのまま姉がいつも向かっていたところに行く
    大きなお屋敷があって大男もいる
    あったかい食べ物を前にしてガツガツ食べてしまい、いつもお腹いっぱい食べさせてもらっていると言うと、相手の男はいつも持って帰ってから食べていると言う
    姉は食べていなかったことを知る
    更にいつも用事があるので用事を終わらせてから嫁になると言って帰っている、用事とは人を殺すことだったのだな、と言われる
    よく見ると男は鬼だった
    カヤは逃げて逃げまくるうちにホトトギスになっていた
    姉を包丁で刺してしまったので、ホトトギスはほうちょ、かけたかと鳴くのだとか
    殺された姉も妹が心配でかっこーになっていた

    ほうちょかけたか、かっこー
    ホトトギスとカッコウの鳴き声と、見た目が似ている理由

  • 4-938618-81-8 48p 1993.6.20 初版

全2件中 1 - 2件を表示

さねとうあきらの作品

ほうちょ かけたか (ぶんけい 絵本のひろば)を本棚に登録しているひと

ツイートする