一読一真似 文章力がメキメキつく本―教育研修25年のプロが教える 仕事をきめる「和文力」

著者 :
  • ハギジン出版
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784938907150

作品紹介・あらすじ

本書は、文章が下手な人と、書くことに苦手意識を持っている人を対象に作ってある。社内では社長、専務、部長という要職にありながら、きちんとした文章が書けない人も多い。その人たちは文章に対するひそかな、そして小さくないコンプレックスを抱いていることを知った。文章が少し上達するだけで大きな自信を持ち、仕事の幅を広げられる人が多いこともわかった。実際に仕事で役立つ和文力を高める。人に笑われない文章が書けるようになる。できることなら「うまい」と言われる文章が書けるレベルになる。本書のねらいは、このあたりにある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国語能力の低下は、本を読まなかったことと字を書かなくなったこと。
    私も気づかないうちに中学生で習う漢字も書けなくなっていた。
    驚きである。
    この本に書いてある通り
    ・漢字が書けなくなる
     何十回となく書いて練習するしかないので、
     普段から文章を書く練習する
    ・字が下手になる
    ・思考力がしぼんでいく
     知らない言葉に出会う機会が少なくなる。
    結局、本を読まなければ、言葉が増えないので
    思考が止まってしまう。
    人間的にも魅力がなくなってしまう。

    忙しいを言い訳にして本を読まないと、
    仕事ができない。意思疎通ができない。
    子どもにもいい影響が与えられない。
    自分の子どもも不幸だし、
    日本自体がピンチだ。

    もっと勉強しようと思う本である。

  • 図書館

全2件中 1 - 2件を表示

畠山裕介の作品

一読一真似 文章力がメキメキつく本―教育研修25年のプロが教える 仕事をきめる「和文力」を本棚に登録しているひと

ツイートする