愛の宇宙方程式

著者 :
  • 風雲舎
4.50
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784938939700

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつもながら保江さんの本はすばらしい。愛やら神様やらと、ややもすれば怪しい感じ満載なのだが、この人は本物だ!と思えるなにかがある。不思議体験の数々はやっぱり本当のことで、そんなことも起こり得るんだなぁ、、と夢と希望をもらえる。幸せな気分になれる。合気にも興味がでちゃうなあ。。。

  • 著者の肩書きは理論物理学を学んだ理学博士。

    最近はスピリチュアルなものごとを素粒子物理学などの考え方を応用して書かれてある本が多くなってきている中で、実際の物理学者はスピリチュアルなものごとをどのようにみているのだろうと思ったのがこの本を読んだ動機です。

    ちなみに、著者のプロフィールは、UFOの操縦を夢見る宇宙少年は東北大学で天文学を、京都大学大学院、名古屋大学大学院で理論物理を学んだ。その後ジュネーブ大学物理学部講師、東芝総合研究所研究員を経て、82年からノートルダム清心女子大学教授。理学博士

    「UFOの操縦を夢見る宇宙少年」ということで、どんな内容なのか興味津々でした。

    この本を読んだ感想は、この人は世の不思議現象を理論的に解明するという役割を持って生まれてきているのかも、と思いました。

    というのも、著者の人生は、少年のときにUFOに遭遇し、その操縦をしたいという夢を持ち、実際にそのUFOを操縦するための基本的技術までも、合気道を学ぶ中で自然に会得するようになってしまうなど、まさにその少年のときの夢を実現するべく人生が織りなされているように思われるからです。

    UFOに遭遇することや、その存在を信じるということだけでもかなり眉唾ものなのに、そのUFOを操縦するという夢を持つことはかなり突飛な考えに思われます。

    しかし著者の人生の物語を読み進むにつれて、まさにそのために彼の人生はあったんだと思えてしまうから不思議です。

    そして彼の人生はそのような不思議な、いわゆるスピリチュアルな現象を理論物理学者という観点から解明することが使命のように思われてしまいます。

    続きはこちら。
    http://ameblo.jp/livingthelifeyoulove/entry-12065910406.html

  • この方の本は何冊か読んだけど、今回のでやっと腑におちた。保江さんのバックボーンは合気道でも大東流でもなければ佐川さんの合気でもなかったんですね。保江さんの人柄が良くわかり面白くも共感できる本でした。

  • 超面白いです。
    感想はこちらの記事です。

    「愛の宇宙方程式」保江 邦夫
    http://rimaroom.jugem.jp/?eid=1276

  • 合気の技はUFOを操縦する技術なのだそうです。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

岡山県生まれ、1974年東北大学理学部天文学科を卒業後、京都大学大学院理学研究科博士課程前期課程を修了。名誉教授だった湯川秀樹が提唱していた「素領域理論」を題材として修士論文を提出し、当時日本唯一の理論物理専門の欧文学術雑誌『Progress of Theoreical Physics』に掲載された(Vol.57,pp.318-328 1977)。
1978年 名古屋大学大学院理学研究科博士課程後期課程を修了。高林武彦教授に師事。その2年で8編の論文を欧米の数理物理学専門誌に発表。「量子摩擦を含む開放系の量子力学理論」の論文を提出し、理学博士号を取得。
1978年 スイス連邦共和国へ渡欧。ジュネーヴ大学理学部理論物理学科講師。
1982年 東芝総合研究所の研究員。
その後、岡山のノートルダム清心女子大学大学院に教授と経て、現在に至る
冠光寺眞法家元

「2018年 『合気完結への旅 透明な力は外力だった』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愛の宇宙方程式のその他の作品

保江邦夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
パラマハンサ・ヨ...
阿部 敏郎
はづき虹映
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする