フライの雑誌 122(2021夏号): 特集◉はじめてのフライフィッシング1 First Fly Fishing 〈フライの雑誌〉式フライフィッシング入門! 楽しい底なし沼のほとりへご案内します|初公開 ホットワックス・マイナーテクニック 島崎憲司郎+山田二郎

制作 : 「フライの雑誌」編集部 
  • フライの雑誌社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784939003868

作品紹介・あらすじ

特集◎はじめてのフライフィッシング1 「フライの雑誌」式フライフィッシング入門! 楽しい底なし沼のほとりへご案内します。|ホットワックス・マイナーテクニック Hot Wax Minor Technics 島崎憲司郎+山田二郎 フライタイイングの未開拓領域へ。|川辺川ダムに異議あり|外来魚、放射能、コロナ禍|真柄慎一新刊『黄色いやづ』

水口憲哉|斉藤ユキオ|中馬達雄|川本勉|真柄慎一|カブラー斉藤|樋口明雄|荻原魚雷|牧浩之|山田二郎|島崎憲司郎



特集 はじめてのフライフィッシング1
First Fly Fishing

フライフィッシングが世界的ブームです。今号は〝これからフライフィッシングを始めよう〟と思っている方への特集です。ベーシックな情報を〈フライの雑誌〉流に整理します。フライフィッシングって自由で奥が深くて面白そうだ、と思ってもらいたいです。ベテランさんにも、きっと新しい発見があるでしょう。

ごめんなさい。はじめに言い訳すると、フライフィッシングの魅力は今回の大特集くらいではとうてい伝えきれません。フライフィッシングはそんな浅いものじゃないんです!(逆ギレ)。

それでは楽しい底なし沼のほとりへご案内しましょう。

フライフィッシングを構成する三要素|代表的な魚たち|色々な釣り場をお好みで|フライフィッシングの四季|観察と実践|水生昆虫・陸生昆虫・小魚・甲殻類その他の例とそのフライ|アトラクター系のフライ|汎用性の高いユニバーサル・パターン4種|基本のフライキャスティング|フライタックル+システムの概要|ノット(糸結び)はこの五つを覚えよう|実録・釣り具と釣り方と使ったフライ …

・・

特集2
ホットワックス・マイナーテクニック
島崎憲司郎 + 山田二郎
Kenshiro Shimazaki +Jiro Yamada

(編集部から)
初公開の「ホットワックス・テクニック」は、フライタイイングだけではなく仕掛け作りへの応用など汎用性がひじょうに高い。ドライシェイク級の革命への序章ではないかと、ひそかに思っている。

フック、仕掛け、道具、釣り方に広がる世界中の誰も見たことがない完全オリジナルのシマザキアイデアのすべては、進行中の『SHIMAZAKI FLIESシマザキフライズ』に結集する。「ホットワックス・テクニック」はほんの一部。憲司郎さん、二郎さん、そろそろ公開お願いできませんか。



畳の上の水練(川本 勉) もっと釣れる海フライ(中馬達雄) 鮭鱒遠征記 またしてもアバラがぁ~の巻(カブラー斉藤) 哀れな旦那でございます(牧 浩之) フライオタクの自由研究 ③ 映画のお時間です(大木孝威) 川辺川ダム計画に異議あり 球磨川大水害その後──地元住民から(加藤憲司) 灯台守奇譚(樋口明雄) 握手(真柄慎一) 相模川の大下先生(荻原魚雷) 海賊と民主主義 瀬戸内海の漁民蜂起の理由とその結末(水口憲哉)

表紙イラスト:斉藤ユキオ〝山ほととぎすと初夏の風〟

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×