ゆきむすめ―ロシアの民話

著者 : 岸田衿子
制作 : スズキ コージ 
  • ビリケン出版 (2005年3月発売)
3.92
  • (5)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784939029349

ゆきむすめ―ロシアの民話の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2012年2月1日

  • スズキコージの処女作と聞いた。
    この枠に留まることは考えられなかったろう。その後の本を楽しんだ人は、原点を見てみるのもよいかも知れない。

  • お話自体は、先が見えてくるものなのだけれど、スズキコージさんの独特の絵に惹きつけられました。

  • 小池 昌代さんの
    わたしたちはまだ、その場所を知らない
    に登場する絵本読みました
    おじいさんとおばあさんに
    かわるがわる抱かれて溶けてしまう話
    と勝手に想像していたら
    お友達ときいちごつみに出掛け
    たき火を囲んでダンス
    しまいにはたき火を飛び越える遊びに
    展開し
    お友達がなぜ飛ばないの?
    と遊びに強く誘うので
    飛び越えたら雲になってしまったという
    お人好しもたいがいにせねば
    おじいさんとおばあさんの悲しみは
    いかばかりか
    スズキコージさんの絵は
    青白いゆきむすめに
    あたたかい印象をもたせています

  • ロシアの民話

    雪で作ったゆきむすめ。
    毎日楽しく暮らしていたけど春が近づくにつれて
    だんだん外で遊べなくなって

    ある日、キャンプにでかけますが…

  • 雪から生まれた雪娘の切ないお話。日本には、いろんなものから生まれた男の子が立身出世する話がたくさんあるけど、海外では女の子が生まれることが多いように思うなぁ。

全6件中 1 - 6件を表示

岸田衿子の作品

ツイートする