こやたちのひとりごと

著者 :
制作 : 中里 和人 
  • ビリケン出版
3.86
  • (6)
  • (7)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784939029462

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぼくをたててくれたひとは えらくない
    えらくないから すきなんだ

    いろんなことを考えさせる詩。人によっても感じ方は様々でしょう。
    私はなんとなく落ち着きました。

  • 思いがけず3歳の息子に大ウケ。彼にとっては「かべ」の本らしい。

  • それぞれしゃべってるよう

  • お気に入りの一冊。どの小屋の立ち姿も味わい深くて、ほんとにつぶやいてそうです。1年生に読んでみたら、大喜び。「あの小屋知ってるよ」が続出でした。田舎の子どもたちですから、親近感もあるんですね。

  • 田舎にいけば目にする小屋の写真。その小屋がつぶやく。谷川俊太郎さんワールドに惹かれました。

  • ボロこや萌え(笑)
    こやたちが ぽつぽつと語ることばに
    きゅんとさせられます。

  • 2012年7月29日

    ブックデザイン/タカハシデザイン室

  • 僕も写真を撮るときには気になってとってしまう掘っ立て「小屋」。
    その写真がたくさん集まっている。個性的な小屋が一杯で小屋好き!?にはもちろん、小屋好きでない人にも楽しめる・・・と思う(小屋好きでない人は僕がそうでないので自信がない)。

    谷川俊太郎さんのそれぞれの写真についている詩が、とても絶妙で。本当に天才だなと思う。言葉がドンぴしゃりですごくいい。

  • こや、こや、こや。
    すきです。

  • 2010/01/06

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

谷川俊太郎(たにがわ しゅんたろう)
1931年、東京生まれ。父に、哲学者・谷川徹三。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業し、1948年頃から詩作の活動を開始。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で多岐に渡る活躍を続けている。
翻訳については、ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』や『スイミー』、ゴフスタインの絵本の数多くを手がける。詩集に『ことばあそびうた』、『みみをすます』、『日々の地図』、『はだか』、 『世間知ラズ』など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『わたし』『ともだち』『もこ もこもこ』、詩集に『シャガールと木の葉』、『すき』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』など。
萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞、三好達治賞、朝日賞など多くの受賞歴がある。

谷川俊太郎の作品

ツイートする