極東セレナーデ (小林信彦コレクション)

著者 :
制作 : 斎藤 美奈子 
  • フリースタイル
4.10
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784939138799

作品紹介・あらすじ

「小林信彦コレクション」の刊行を開始します。第一弾は、氏が朝日新聞に連載した『極東セレナーデ』。かつて毎日、新聞で読まれていた頃の「新聞小説」を現代に見事に蘇らせ、「物語の復権」を唱えた小林信彦氏の代表作です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1985-86年が舞台の小説。カルチャーネタが盛り込まれたニューヨークパートがおもしろかった。

  • アイドルを作り上げる業界の工作。今も通じるもの。本当に才能見識を磨いた芸能人でなく、普通の人を芸能界アイドルに仕立て上げる。現在のマスコミに対しての警告・危惧がすでにこの30年前の作品に出ている。現在のTV界は、インスタントな芸人ばかりで、それがコメンテーターとして意見を言う。軽いし、炎上しても根拠がない。
    新聞掲載時の峰岸達さんの挿絵が、いくつかほしい。全くないのが残念。

  • 30年以上前に書かれたとは思えないほど今でも通用しそうな話。それはマスコミや芸能界や広告の世界がそういうものだからなのかな。

  • <小林信彦コレクション>短大卒20歳失業中の女の子に突然舞い込んだニューヨーク行きの話。人生が思わぬ方向へ展開していくシンデレラ・ストーリー。1985〜86年新聞連載ながら決して色褪せない現代日本の批評が溢れ出ている。装画・江口寿史。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

小林信彦 昭和7(1932)年、東京生れ。早稲田大学文学部英文科卒業。翻訳雑誌編集長から作家になる。昭和48(1973)年、「日本の喜劇人」で芸術選奨新人賞受賞。平成18(2006)年、「うらなり」で第54回菊池寛賞受賞。

「2019年 『大統領の密使/大統領の晩餐』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林信彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
米澤 穂信
J・モーティマー...
スタニスワフ・レ...
ジョン・ウィリア...
西川 美和
マイクル コーニ...
平野 啓一郎
ヘミングウェイ
カーソンマッカラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×