秘伝 〈プロ編集者による〉文章上達スクール (1)

著者 :
  • メタブレーン
4.31
  • (29)
  • (8)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (457ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784944098668

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • writing

  • 書くことに必要なことは、ここにある。

    本書の帯には「文章のバイブル」とあるのだが、まさしくそのとおり。
    もちろん文章といっても小説、エッセイ、新聞記事、ブログ等様々あるが、どのシーンに活用するにも大事だと思われることが平易な言葉、かつかなり深層にせまる内容まで書かれていたように思う。

    繰り返し読むようにしたい。

  • メルマガでの文章上達講座をまとめたもの。量は多いし読みごたえもあるし、的を得ている。けど、書籍としては流れがなくて読みにくい。

  • これは本当に役に立つ、読んで損はない!!

  • 仕事の要求水準は高い方が良い。

  • _人人人人人人人人人人人人人人_
    > インターネット書店アマゾンで<
    >おすすめ度★★★★★の絶賛!<
     ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

  • それほど有名でない本ですが運良く出会えて良かったです。本当に素晴らしい本です。

    メルマガで読者から送られてきた質問に答える形式ですが、
    表面的な文章の書き方のアドバイスではなく、世の中の本質を捉え方、生き方まで含んだ思慮深い解答の数々。大げさでなく感動します。
    しかも読みやすく、軽く読んでるだけでおもしろいです。

    文章を書く事が好きでしたが、文章を書く姿勢、文章を読む姿勢が変わりました。

  • メルマガ読者からの質問に対して、メルマガでの回答をまとめた本。
    質問のレベルがさまざまで、読む人によって役に立つ箇所が異なると思う。
    読んで損にはならない。
    ☆の数をいくつにするかは悩んだが、4つにしてみた。

  • 僕が知っている最も「実践的な」文章指南書。本書と続く『文章王』『書く人』の三冊は、読んですぐに「実際に書く役に立つ」内容になっている。/この本を、精神論に偏りすぎている、という人が本書の中に登場する(この本はメルマガにおけるQ&A形式を書籍化したもの)。それは本書の議論が、書くときの心の動き、のようなものに常にフォーカスしているからなのだけれど、文章は一体「どこ」で書くものだろうか? その人の頭の中、心の中にあるものを、他人に伝えようとして書くのではないだろうか。である以上、その瞬間、その現場に焦点を当てている本書は、僕にとって言葉の真の意味での「技術的」な指南書である。

  • 斜めに読み始めたからか、読者対象がわからず、なんか違うなということで、1/3くらい読んで終了。

    推敲はしないようにせよとか、書いてある時点で、だれに向かって書いているのか分からなくなった。
    ブログとか、雑誌の記事を書く人のためかな。

全27件中 1 - 10件を表示

村松恒平の作品

秘伝 〈プロ編集者による〉文章上達スクール (1)を本棚に登録しているひと

ツイートする