北条氏康と東国の戦国世界 (小田原ライブラリー (13))

著者 :
  • 夢工房
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784946513978

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦国の英傑・北条氏康の真実。
    16世紀半ば、戦国乱世の東国に新たな時代を切り拓いた小田原北条三代、氏康の生涯に光を当てる。武田信玄・上杉謙信ら戦国群雄との東国争覇戦や検地・税制・目安箱の整備など民生を主体とした領国経営の実態を徹底した史料調査で再現。文武両道に通じた出色の氏康像。(2004年刊)
    ・はじめに
    ・1 祖父宗瑞・父氏綱のもとで
    ・2 関東制覇への道
    ・3 北条軍団の編成
    ・4 新しい領国経営への取り組み
    ・5 小田原二屋形の時代
    ・6 「武榮」を求めて
    ・7 戦国文化の彩り

    著者は小田原市教育委員会の学芸員。140ページの薄い本ではあるが、氏康の事績を余す事なく伝えており、なかなかの良書。2004年の刊とやや古いが図版が多いのが嬉しい。

  • 信玄やら謙信やらと同時代人なのに、いまいち注目度が低い…と「はじめに」にあるように、確かにこの人を取り上げた本というのはお目にかかったことがないような…。

    この辺りの歴史はよく分かってませんが、前半と系図を頼りになんとか理解…。
    文化的な部分にも触れられていて、本の薄さに似合わず、中身があったように思います。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

富山大学・聖徳大学名誉教授、元新潟大学教授、北京日本学研究センター客員教授、文学博士。専門は日本古代文学を核にした比較文化。
主な著書に『王朝歌壇の研究』四冊(桜楓社、1967〜93年)、『古代文化回廊 日本』(おうふう、2004年)、『平安貴族のシルクロード』(角川書店、2006年)、『創られたスサノオ神話』(中央公論新社、2012年)、「ユーラシア北方文化の中の日本神話」(聖徳大学『論叢』に連載中)などがある。

「2018年 『ユーラシアのなかの宇宙樹・生命の樹の文化史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口博の作品

ツイートする