女性コーチ: それぞれの歩み

  • 流通経済大学出版会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784947553904

作品紹介・あらすじ

近年、これまで男性ばかりであったコーチングの現場に、少しずつではあるが女性が増えてきている。それは日本代表や国内トップリーグといったトップスポーツでも同様である。また、日本国内で指揮を執る外国人女性コーチもおり、女性コーチは国を超えて、活躍の場を広げていることが分かる。ただし、女性コーチの数は依然少なく、とくにトップスポーツで活躍する女性コーチはごく僅かである。また、様々な研究においても、助成はあらゆる競技種目、競技レベルにおいて、コーチになったり、コーチとしてのキャリアを積み重ねたりする上で多くの課題に直面することも明らかになっており、コーチングの現場は依然女性が活躍しづらい環境のままとなっている。にも拘わらず、日本国内における女性コーチに関する問題を体系的に整理した書物は存在せず、女性コーチの現状を知ることが出来る資料は限られている。そのような状況を鑑み、女性コーチの実際について理解を深めることを目的として本書は編まれた。本書では、まず第1章にて女性コーチに関する歴史的・学術的背景と現状について紹介する。第2章では、各競技で活躍する女性コーチに対するインタビューから、彼女たちのキャリアや現在のコーチングについて紹介する。女性コーチのこれまでの歩みを通じて女性コーチが直面する障壁について広く認知されることにより、女性コーチを取り巻く環境の改善に寄与することが出来れば幸いである。さらに、女性コーチになるというキャリアの選択肢を可視化することにより、コーチになりたい女子・女性アスリートが増えることも期待したい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女性コーチの実際について理解を深めることを目的として編まれた。今後コーチになりたい女子・女性アスリートが増えることに期待を込めた一冊。

    2022年7・8月期展示本です。
    最新の所在はOPACを確認してください。

    TEA-OPACへのリンクはこちら↓
    https://opac.tenri-u.ac.jp/opac/opac_details/?bibid=BB00603218

  • 事例が多く、読みやすい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

小谷 究 
流通経済大学スポーツ健康科学部スポーツコミュニケーション学科准教授、日本バスケットボール学会理事、日本バスケットボール殿堂事務局を務める。バスケットボールの戦術研究専門家。

「2023年 『ドリブル・パス・ショット バスケ解析図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小谷究の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×