松本坊主

著者 :
  • ロッキングオン
3.28
  • (20)
  • (30)
  • (143)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 365
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784947599629

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 松本仁志のロングインタビューなのかな。
    ただ聞かれたことをあまり構えずに話しているだけなんだろうけど、それがちょうど良い。
    特に幼少期から東京に来て売れるまでの話が面白かった。

    彼が35歳の時に語った内容で、今は55歳。
    今また話をまとめて本にしてほしい。

  • 自伝(という名の自慢話?)。
    世間一般で見ると落ちこぼれだった人間でも、なにか一つ人より秀でている部分がある。人生のスタートダッシュを失敗しても、人生を悲観する必要はない、と感じた。

  • 松本が生まれもっての天才だということが伝わってきた。
    他の追随を許さない感がカッコいい。
    読んでてワクワクした。松本の感性の一部でも感じ取れ自分にも活かせるような気がした。

  • この職業に就くきっかけ、意識した頃
    相棒との出会い、そして今。

    吉本に入学前からコンビでやってきた、程度の認識。
    後は、やたらに女性週刊誌に女ネタで出ていた、という
    うつろ覚えな過去。
    ファンにとってはたまらない歴史書ですが
    知っている程度の人ならば、へぇ…という状態。

    最初の方、「あのね」が多かったので
    これ口癖なのだろうか? と。
    後はかなりどうにでもなれ精神でやっていたが
    分かったような分からないような?w
    でもそれくらいでいた方が、ストレスもたまらず
    いいのかもしれません。

  • 今の松本人志とはまた違う。これより前の遺書もちがう。人は成長するというよりこじつけてなんぼという事です。

  • 自分がダウンタウン好きになったのはここ数年で昔を知らなかったのでこの本はよかった。ごっつの時その前のダウンタウンも知れたし。

  • 松本人志の幼少期から現在(2001年ごろ)までの生い立ちについてインタビュー形式で書かれた本。
    松本の遺書に比べたら比較的丸い。

  • 松本人志の幼少期からの自伝。本人の言葉でつづられる。

  • 初めて松本人志さんの本を読んだ。
    テレビでは分からないお笑いに対しての考えが垣間見れて新鮮だった。
    自分のお笑いへの絶対的な自信が気持ちよかった。
    こんな風に胸張れるものがある事が羨ましい。

  • 岡田:返却(2012.08.28)
    松本人志の歴史。尼崎、大阪、東京と、時代をおってまっちゃんの笑いのヒストリーが分かります。笑いに対する絶対的な自信がやっぱりスゴイ。

    片岡:返却(2012.12.8)
    松本人志初の自伝。
    考え方や生きてきた人生がわかって面白いです。

    梅村(2012.12.28)
    割と前に出版されていて、書かれた当時の年齢が今の自分と同じで色々考えました。人生はやっぱり反動があってこそ大きく振れると確信。

    櫻井(2012.12.31)
    来年50歳になる松本人志
    あるならば、
    これからの松ちゃんの未来予想本も読んでみたいです。

全38件中 1 - 10件を表示

松本坊主のその他の作品

松本人志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松本 人志
リリー・フランキ...
松本 人志
劇団ひとり
松本 人志
宮部 みゆき
松本 人志
松本 人志
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする