フライロッドを片手に雑誌をつくった―27人が語る、『FFJ』と『フライの雑誌』をつくった編集者のこと

  • 渡渉舎
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784990259907

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「フライの雑誌」を作った中沢孝は早くに亡くなったらしい。友人や、一緒に仕事をした人たちが書いた追悼文集。

    中沢孝は有名人ではないし、世界に大きなインパクトを与えた偉人というわけでもない。こつこつと誠実に、好きな仕事に情熱を傾けて、それなりのものを残したひと、というだけで、似たようなひとはゴマンといるだろう。逆に言えば、そういう普通の人はまわりの人にどんなものを遺すのだろう?

    文を寄せたひとの多くは書き手としては素人だし、中沢孝の一面しか知らない。中には直接会ったことがない人もいる。悪口は言いづらいだろうし、仕事ができてよい人だった、といったありがちな印象が並んでいて、結局中沢孝の生きた姿は立ち上がってこない。家族がいたのか、誰を愛して誰が嫌いだったのか、何をしたかったのかはわからない。本人が本書を編集したとしたら、どうしただろう?

    断片的ながら、日本のフライ界?の創世記?の雰囲気が伝わってくるので、そこに興味がある人は面白いかも。

  • 2011/12/15購入
    2011/12/21読了

  • 本当に貴重な人を喪ってしまったのだと実感する。あれほど素晴らしかったかの雑誌はこれからどうなるのだろう?
    最近の紙面を見る限りではいささか心配である。

  • 趣味が、フライフィッシングですので、読んでみたい本です。いまから楽しみです。読んだ人は感想を聞かせてください。

全4件中 1 - 4件を表示

フライロッドを片手に雑誌をつくった―27人が語る、『FFJ』と『フライの雑誌』をつくった編集者のことを本棚に登録しているひと

ツイートする