Dearキクチさん、―ブルーテント村とチョコレート

  • キョートット出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784990263713

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いちむらさんのこの本は、まちがえて読んだつもりになっていた。前に、同じキョートット出版の『このようなやり方で300年の人生を生きていく』を読んだのと、いちむらさんの話は『We』でも掲載したせいか。

    公園で暮らし、2年が過ぎて、キクチさんに出会ったいちむらさん。

    私には、キクチさんが世の中で一番、
    キラキラステキに見えた!
    きっと、今のキクチさんもステキなはず。

    公園の生活から旅立ち、
    どこかで暮らすキクチさんへ、手紙を送る。(p.3)

    Dearキクチさん、と書かれた手紙。7月から11月のあいだ、9通の手紙。いちむらさんが書く手紙のなかから、キクチさんの姿が見えてくる。

    私が、カッコイイと思ったキクチさん。

    いつものゴミ箱を開けて収集しているキクチさんに、公園に住むある若者が「そういうことは、やめろ!」と言ったとき、「バカやロー! 仕事のじゃまをするな!」から始まり、怒りを表現し、最後に「ブタヤロー!」を連発して感情を出しきった。その様子を書きながら「私だったら」と綴るいちむらさんの手紙に、私自身もいちむらさんのようなフリをしてしまうんやろうなと思った。

    ▼その時の怒りを逃さない「バカやロー!」は、相手の中を突破して、冷静さをうながすのですね。実際に、彼はその後、ゴミを収集する事に何も口出しをしませんでした。
     きっと私だったら、返答を求めていないのに、「なぜですか?」などと言って民主的に話し合うフリをしてしまいそう。こっちが冷静になることはないのですね。(p.45)

    キクチさんの方法を、いちむらさんは「無駄にケンカをするのではなくタイミングを逃さずケンカをし、後はスッキリする。そうして近所の人達と一定の距離を保ちながら地域生活をするという方法」と書く。

    タイミングを逃さずケンカ!
    私自身はそれがほとんどできず、スッキリせず、あとあとまで尾を引きがちだ…と、我が身を振り返って思う。

    ※いちむらさんインタビュー「がんばれば楽になれる?─ブルーテント村に住んで」は、『We』160号(特集:アートの力)に掲載。

    http://femixwe.cart.fc2.com/ca10/44/p-r3-s/

全1件中 1 - 1件を表示

いちむらみさこの作品

Dearキクチさん、―ブルーテント村とチョコレートを本棚に登録しているひと

ツイートする