• Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784990524319

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 様々な立場の論客が震災を踏まえての自論や対談が展開されており、
    文章は読みやすいが、かなり内容的にはヘビーでほとんど消化できていない。
    しかし、震災当時のことを思い出したり、プラットフォームの考え方は
    個人的に実務的に役立つと思うので、折にふれて再読したいと思う。

  • 遅ればせながら読了。写真、各論考、シンポジウム記録、GoogleTrendや各著名人の反応資料、どれも震災を捉える上でとても重要な光の当て方だったように思います。震災に関する書籍は何冊か読みましたが、今回の震災の多面的な問題を捉えるのに、思想地図のような「雑誌」の形態がいちばん適していたのでは、と思いました。

  • 時間、家長と責任、プラットフォーム化、科学など、様々な概念について改めて考えさせられる内容でした。年を重ねるにつれ、おそらく読み返すたびに違った発見があるでしょうし、日々の仕事や生活に追われていると忘れてしまいがちな東日本大震災の記憶を思い出す手段としても良い本だと思います。

  • 2012/09/04 購入
    2012/09/08 読了

  • 多様な分野で震災について語っている本。

    どの内容も大変興味深いが,特に佐々木俊尚氏の『震災復興とGov2.0,

    そしてプラットフォーム化する世界』は今後の政府(行政)のあり方のヒ

    ントとなる内容でだった。

    また東氏が論じている「喪失を引き受ける」ことは本当に国民が考えなけ

    ればならないことだと思った。

    本の構成がとてもよかった。

  • 震災からの復興がテーマ。

    主にソーシャルメディアや日本人の喪失感、科学コミュニケーションなどが震災と絡めて論じられている。

    これらはどれも震災以降、言論人の間では少なからず話題になったものばかりなので、1年たった今、あの時どのような事が論じられていて、これからも論じられていくべきなのかを確認するよいきっかけとなった。

    あと個人的に本の作り方というか、構造がとても参考になった。

  • 対談記事『断ち切られた時間の先へ-「家長」として考える』(猪瀬直樹+村上隆+東浩紀)がよかった。漱石-柄谷行人・浅田彰は放蕩息子、鴎外-江藤淳は家長の系。因みに村上春樹は前者。後者の思想をどう取り戻すかが課題と。

  • 巻頭言に惹かれて購入。
    震災から1年が過ぎ、あの衝撃を忘れつつある自分には良い内容であった。
    特に佐々木俊尚さんのGov2.0という提案が面白い。
    プラットフォーマーとなることが今後重要になると考えさせられた。

  • パラパラ読み直してみたらじっくり読んでしまった。
    一回読んだはずなのに・・・

全77件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

東浩紀(あずま ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。ゲンロン代表。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。
著書に『存在論的、郵便的』(サントリー学芸賞思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』、『クォンタム・ファミリーズ』(第23回三島由紀夫賞受賞作)、『一般意志2.0』、『弱いつながり』(紀伊國屋じんぶん大賞2015受賞作)ほか多数。『ゲンロン0 観光客の哲学』は第5回ブクログ大賞人文書部門、第71回毎日出版文化賞受賞作。

東浩紀の作品

ツイートする