大杉栄自叙伝

著者 :
  • 土曜社
3.83
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784990558710

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  
    ── 大杉 栄/大杉 豊・編《自叙伝 20110916 土曜社》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4990558715
     
     福田 雅太郎 陸軍大将 18660707 長崎   19320601 67 /19240901 甘粕事件/和田 久太郎射撃・戒厳令司令官
     甘粕 正彦  憲兵大尉 18910126 宮城 満州 19450820 55 /自殺(青酸カリor短銃)/満州映画協会理事長
    ♀堀 保子     内妻 1883‥‥ 東京   19240317 41 /病死/籍=大杉 やす
     大杉 榮     作家 18850117 丸亀 東京 19230916 38 /扼殺
    /1908 赤旗事件/19161109 日陰茶屋事件~《新しき世界のための新しき芸術》
     辻 潤   詩人/翻訳 18841004 東京   19441124 61 /19161109 日陰茶屋事件/ダダイスト~ですぺら/伊藤 野枝の夫
    ♀神近 市子  女性運動 18880606 長崎 東京 19810801 93 /19161109 日陰茶屋事件/19230916 大杉栄刺傷事件
    ♀伊藤 野枝    内妻 18950121 福岡 東京 19230916 28 /甘粕憲兵虐殺事件
     橘 宗一      甥 1917‥‥ 東京   19230916  6 /甘粕憲兵虐殺事件
     
    ── 吉田 喜重・監督《エロス+虐殺 19700314 ATG》
    https://anarchism.exblog.jp/14655066/
     
    (20181114)
     

  • 大正アナーキズムを代表する一人、大杉栄の自伝。
    彼はまさにエリートアナーキストである。

    猫を殺すような狂った少年時代。
    反抗心だけの健康優良不良少年時代。

    こういう危なげな男はなぜかモテる。
    緊迫した三角関係。
    面白い人生送ってるな。

    作者死亡により面白くなってきたところで未完に終わっている。
    残念で仕方がない。
    しかし、これもまた作者のアナーキーな人生を表している。

全2件中 1 - 2件を表示

大杉栄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×