芝木好子小説集 新しい日々

著者 :
  • 書肆汽水域
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784990889951

作品紹介・あらすじ

戦後の女流文学を代表する作家・芝木好子の小説集を没後30年の節目に刊行。梅、牡丹、菖蒲、白百合、白萩、都忘れなど、芝木作品の中で印象的に描かれている「花」に焦点を当てた小説集です。花の移ろいと人生の移ろいとが重なり合い、女性として生きる苦悩や喜びが行間から漂ってくる滋味豊かな一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 芝木好子小説集新しい日々
    著作者:芝木好子
    タイムライン
    https://booklog.jp/timeline/users/collabo39698
    第14回芥川龍之介を受賞する。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1914年東京都生まれ。1941年に『青果の市』で第14回芥川龍之介賞を受賞する。
代表作に『湯葉』『隅田川』『丸の内八号館』の自伝三部作や、『洲崎パラダイス』『青磁砧』『隅田川暮色』『雪舞い』などがある。

「2021年 『芝木好子小説集 新しい日々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芝木好子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊吹有喜
瀬尾まいこ
川上未映子
山崎 聡一郎
宇佐見りん
ミン・ジンリー
ミヒャエル・エン...
滝口 悠生
辻村深月
ショーン・タン
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×