感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『男は鉄砲に弾をこめる/どんぐりのかたちをした金属の、思いがけないあたたかさ/ポケットには体温が 蜜のようにたまって/壊れた覚悟が丘に染みわたる
    』―『言い訳』

    どうしてこの書誌を手にしたのだったか忘れてしまうくらいに放置してあったものに手を染める。ああそうか、蜂飼耳だったと思い出す。十篇ほどの詩が並んでいる。「食うものは食われる夜」の蜂飼耳がそこにいる。ただそれだけで満足する。

    とはいえ500頁程の叢書をそれきりにしてしまうのももったいない。順に頁を繰ってみる。すっと呼び込まれるような作品が幾つもある。北海道という符丁が妙に目につくのはこちらの意識のせいだろうか。見たことは無いのに懐かしさを覚える写真や、ひんやりとした言葉を連ねる人のプロフィールに目が止まる。幾つかの「その2」と題される小品の「その1」が気にかかる。しかしいくら気にかかっても未明01は今のところ手に入らない。03もいつ出版されるのか不明だ。欲が膨らみそうになるのに抗って、冷静になろうと試みる。そもそもこの少し変わった叢書を手にした理由は何だったのか。それ以外のことはあくまで一期一会、偶然の出会い。

    その偶然から一冊の詩集を買い求める。読まれる順番はだいぶ先。そのくらいでちょうどいいとも思う。贅沢な時間であったと振り返る。

  • ボレッタ・シリス-フーの絵画、「たぶんクラゲとは、タブラ・ラサとスヴニールとの重なりあう場所なのだろう」と記小津夜景、松葉末吉の写真、森紀吏子のヴィオラ・ダ・ガンバも登場の音楽エッセイ、森下くるみのオランダ旅、「天のバターが解ける頃」とうたう杉林恭雄、蜂飼耳のハム子先生という短編、村松桂のコラージュの触ってみたくなる見た目、などなど。ボレッタ・シリス-フー作品は心が静かになる。もっと調べてみたいと思った。松葉末吉の写真も心に残る。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

谷川俊太郎(たにがわ しゅんたろう)
1931年、東京生まれ。父に、哲学者・谷川徹三。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業し、1948年頃から詩作の活動を開始。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で多岐に渡る活躍を続けている。
翻訳については、ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』や『スイミー』、ゴフスタインの絵本の数多くを手がける。詩集に『ことばあそびうた』、『みみをすます』、『日々の地図』、『はだか』、 『世間知ラズ』など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『わたし』『ともだち』『もこ もこもこ』、詩集に『シャガールと木の葉』、『すき』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』など。
萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞、三好達治賞、朝日賞など多くの受賞歴がある。

谷川俊太郎の作品

未明02 (ポエジィとアートを連絡する叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする