まちカドかがく (ネコノス文庫, イ1-1)

  • ネコノス
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (539ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784991061462

作品紹介・あらすじ

 ポッドキャストの人気サイエンス・トーク番組『いんよう!』から生まれた同人誌『まちカドかがく』。2020年秋の文学フリマで発売され、即完売した伝説の同人誌が、文庫になって再登場。牧野 曜、市原 真による小説やサンキュータツオによる「お笑い文体研究」など専門的な話題を興味のない人へ届ける『いんよう!』ならではの、ユニークな世界がぎっしり詰まったファン必読の一冊。三人による文庫版だけの特別鼎談も収録。

『この本の表紙のデザインも細胞システムを模しています。 番組内で「まちカドかがく」というコーナーを作って、「街角に転がっている現象を、こういう科学的な視点で見たらおもしろいですよ」といったメールを聞いてくださっている人たちから募集しようとしたのですが、いかんせん私自身いい例を思いつかず、あるのかないのか分からないコーナーになってしまっています。(中略)いただいた素晴らしい原稿を読んで、本当に嬉しくて、びっくりして、「まちカドかがく」の意味を、非論文的、非アカデミア的な知的好奇心の発露、というふうに拡張するならば、このタイトルはぴったりだと思っています。』(牧野曜/編集後記より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 生命科学者のよう先輩、病理医のヤンデル先生、言語学者で漫才師のサンキュータツオさんの同人誌を文庫化! 同人誌が文庫本になることが、まずはすごいw

    タツオさんのお笑い評は、お笑い殆ど見なくてわからないので、斜め読みだったけど、なんだかこの人達の頭の中はどうなってるんだろうって不思議な気持ちになります。頭がいい人たちが書いた小説が面白いって、ずるくないですか?(笑)

  • よう先輩の物語がとても面白かった。

  • 話の内容は面白いけど、地の文が固くて専門用語が多く、読み進みづらい。なかなか読み終わらない。

  • 知人が表紙を描いてると知って探した1冊。表紙裏に見知った名前を見つけて心躍り、めくってすぐの幾何学模様に心温まった。
    今まであまり触れてこなかった世界観が広がってたなぁ。ブラーファ少女とクローラガール(今思ったがタイトル良いな)、物語で済まなさそうな雰囲気が滲み出てて不思議な感覚だった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

市原 真(いちはら・しん)札幌厚生病院 病理診断科 主任部長
2003年北海道大学医学部卒業。
国立がん研究センター中央病院研修後、札幌厚生病院病理診断科。
博士(医学)。病理専門医、臨床検査管理医、細胞診専門医、
日本病理学会学術評議員・社会への情報発信委員会委員、日本デジタルパソロジー研究会広報委員長。
著書に『症状を知り、病気を探る』(照林社)、『いち病理医のリアル』(丸善出版)、
『どこからが病気なの?』(筑摩書房)、『ヤンデル先生のようこそ!病理医の日常へ』(清流出版)、
『Dr.ヤンデルの病理トレイル』(金芳堂)など。

「2021年 『はじめまして病理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

市原真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サンキュータツオ
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×