あざらしのひと

著者 :
  • ネコノス
3.70
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784991061493

作品紹介・あらすじ

織田作之助賞候補作『伴走者』、旅と迷子のエッセイ『どこでもない場所』の浅生鴨最新作。

月刊ファッション誌「GINZA」(マガジンハウス)で2年にわたって連載された「ゆるゆるジャージ魂」を文庫化。日常生活の中で見かける、ちょっとおかしな行動をとる人たちを、独自の視点でゆるく優しくとりあげた軽妙コラムに、表題作「あざらしのひと」ほか新たに書き下ろした長短のコラムを加えてまとめた1冊。

頼まれてもいない店の手伝いを始める「勝手の人」、何かと話を大きくしてしまう「エキサイター」、なんでも論理的に白黒つけないと気が済まない「ロンリー・ボーイ」、慣れないオンライン会議で突然姿を消す「忍者の人」などなど。

捉えどころがあるようなないような、著者ならではの観察と妄想の数々は、手に取る人をきっとニヤリと笑わせてくれるはず。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 手に取った時のしっくりした愛しさよ。
    味のある表紙のあざらしが可愛い♡

    「いるいる!そういう人!」の連続。
    改めて人それぞれの面白さを感じる。

    理解し難い他者の行動に対して
    想像力を働かせて柔軟に考えること
    寄り添い受け入れることの優しさ。

    そういった実はとっても大切なことを
    ゆるく楽しみながら得られる素敵な本です。

    他者を知ることで自ずと見えてくる自分に
    ちょっぴり身の引き締まる思いもありつつ
    装画のあざらしを眺めてるうちに
    肩の力も丁度良く抜けて
    軽やかで心地良い読後感。好きです。

  • ○○の人というテーマで、自分に当てはめながら読んでいくのが楽しかった。こんな人になりたいな、逆にこんな人にはなりたくないなという感じで。また、時間が経ったあとに読み返してみると、また面白いかもしれない。
    浅生鴨さんの文章は、ユーモアの大切さを教えてくれるから好き。

  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00620396

    月刊ファッション誌「GINZA」(マガジンハウス)で2年にわたって連載された「ゆるゆるジャージ魂」を文庫化。日常生活の中で見かける、ちょっとおかしな行動をとる人たちを、独自の視点でゆるく優しくとりあげた軽妙コラムに、表題作「あざらしのひと」ほか新たに書き下ろした長短のコラムを加えてまとめた1冊。

    頼まれてもいない店の手伝いを始める「勝手の人」、何かと話を大きくしてしまう「エキサイター」、なんでも論理的に白黒つけないと気が済まない「ロンリー・ボーイ」、慣れないオンライン会議で突然姿を消す「忍者の人」などなど。

    捉えどころがあるようなないような、著者ならではの観察と妄想の数々は、手に取る人をきっとニヤリと笑わせてくれるはず。(出版社HPより)

  • 鴨さんの文章のすごさをあえて野球の投手で言うなら「球速はとくに早くないけど、ボールのコントロール精度が尋常じゃない」ということのような感じがします。

    本作は1つ1つの話は数分で読める程度の長さしかないですが、どれも必ずと言っていいほど「ちょうどいい」という印象を与えられます。長すぎたり短すぎたり、という感じもなく、テンポも、読み物としての展開も、全てにおいて。
    短い話がいくつも連なっているからこそ、それが偶然などではなく「完璧にコントロールされている」ということがよくわかるのです。

    飄々とした文体で、いかにもすごいぞという感じに見えないのにいつの間にか引き込まれている、というところは武術の達人っぽくもありますね。なんとも形容し難いすごさです。

  • 浅生鴨さんのエッセイ。世の中いろんな人がいておもしろい。観察眼と書き方がおもしろくて楽しい。

  • ふぁーと肩の力が抜けて良い。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1971年、兵庫県生まれ。作家、広告プランナー。出版社「ネコノス」創業者。早稲田大学第二文学部除籍。中学時代から1日1冊の読書を社会人になるまで続ける。ゲーム、音楽、イベント運営、IT、音響照明、映像制作、デザイン、広告など多業界を渡り歩く。31歳の時、バイクに乗っていた時に大型トラックと接触。三次救急で病院に運ばれ10日間意識不明で生死を彷徨う大事故に遭うが、一命を取りとめる。「あれから先はおまけの人生。死にそうになるのは淋しかったから、生きている間は楽しく過ごしたい」と話す。

リハビリを経てNHKに入局。制作局のディレクターとして「週刊こどもニュース」「ハートネットTV」「NHKスペシャル」など、福祉・報道系の番組制作に多数携わる。広報局に異動し、2009年に開設したツイッター「@NHK_PR」が公式アカウントらしからぬ「ユルい」ツイートで人気を呼び、60万人以上のフォロワーを集め「中の人1号」として話題になる。

「2022年 『ぼくらは嘘でつながっている。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浅生鴨の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
凪良 ゆう
辻村 深月
伊坂 幸太郎
一穂 ミチ
恩田 陸
原田 ひ香
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×