生涯健康脳 Part2 実践編! 脳が喜ぶことをするだけで、脳は一生健康でいられる! (いきいき健康シリーズ)

著者 :
  • ソレイユ出版
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784991064159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 多くの方々に感動と勇気を与えた、10万部突破のベストセラー「生涯健康脳」の実践編【目次】
    1章脳のしくみがわかると、脳の健康法が見えてくる!(脳に道ができればできるほど、脳の力はアップする;脳は、いくつになっても発達する! ほか)
    2章生涯健康な脳にするには、脳が喜ぶことをすればいい!(脳は新しいことが大好き!;「えーそうだったんだあ!」の、新しい発見を1日1つ! ほか)
    3章日常生活のこんなカンタンなことで、脳は一生健康でいられる!(太陽をいっぱい浴びると、脳はどんどん元気になる!;歩くだけの運動が、脳を育てる栄養をどんどんつくり出す! ほか)
    4章楽器演奏は、脳を元気にする魔法の力を持っている(医学界でも証明された「楽器」の力⁉️楽器が、脳を驚くほど元気にするワケ ほか)
    5章毎日脳を喜ばせて、生涯健康脳で、幸せな人生を楽しむ(脳は、意識したことを引き寄せる!;思いが、脳を変える❣️ほか)

  • 日光を浴びる。脳の海馬の細胞は何才からでも増える。

    脳が喜ぶ事をどんどんしよう。
    ドーパミンが出るから。

    セロトニンは心を安定させる役目。

    タンパク質を食べないと、セロトニンなどの神経伝達物質は作られない。

    昨日より出来るようになったところ、変化したところを書いていく。

    ニューロン・リハビリテーション

    楽器はいいらしい。

    身体
    血流


    の順番で健康を保つ

    身体がやられれば、脳も死ぬわけだから。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東北大学加齢医学研究所教授。医師。医学博士。1970年生まれ。1児の父。東北大学大学院医学系研究科博士課程卒業。東北大学加齢医学研究所機能画像医学研究分野教授。東北大学東北メディカル・メガバンク機構教授。脳のMRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達、加齢のメカニズムを明らかにする研究者として活躍。『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える 「賢い子」に育てる究極のコツ』(文響社)『生涯健康脳』(ソレイユ出版)は、10万部を突破するベストセラー。最新の脳研究と自身の子育ての経験をふまえた「科学的な子育て法」を提案し、その中でも図鑑がこどもの脳を一番のばすツールとして推奨している。

「2021年 『はじめてのずかん こんちゅう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀧靖之の作品

ツイートする
×