パリのガイドブックで東京の町を闊歩する 第2号: 読めないガイドブック (2)

著者 :
  • 代わりに読む人
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (92ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784991074325

作品紹介・あらすじ

フレンチトーストをついに食べた「私」は東京の町を闊歩するため、行く先々でパリのガイドブックを買い集め、順に読もうと試みるが……。
荻窪のコンビニから、村上春樹へ、そしてパリ・ノートル・ダムへ。日常を冒険に変える奔放な思考の脱線 第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 動き出すと思いきや動きださない第2号
    きっと次は闊歩するんだろうなあ、楽しみです_φ(・_・

    2021/03/06 ★4.0

  • パリのガイドブックを読み込んで読み込んで、それでも出発しなかった1巻から約1年。ついに出発するのか。
    と、思ったら…。
    止まる事で広がる思索は、思わぬものを手に入れる。
    面白い。

  • まだ、東京の街を闊歩するには至らないのであったが、思索の森の闊歩はすすんでいるのであった。ああ、いつになったら僕らは東京の街を闊歩する著者を目撃できるのであろうか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家。京都府生まれ。ナンセンスな問いを立て日常や文学に可笑しさを見つける文章を書く。著書に『『百年の孤独』を代わりに読む』『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する 1』。短編小説「私の応援狂時代」を『しししし3』(双子のライオン堂書店)に発表。出版レーベル 代わりに読む人代表。

「2020年 『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する 第2号』 で使われていた紹介文から引用しています。」

友田とんの作品

ツイートする
×