かぜのうた

  • ポリフォニープレス
3.29
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 37
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (37ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784991168512

作品紹介・あらすじ

◆ボローニャ国際イラストレーション賞受賞のイタリア人作家がリズミカルに描く、美しい日本の四季◆

「かぜが ふいたら〜」の合言葉で、リズミカルに動くシャボン玉や、風鈴・・・。
ふわり、ふわり・・・  りん ちり〜ん、
ページをめくるたびに、四季折々の、かぜが奏でる形と音が登場。
時には、大きな風が吹いてきて・・・、わあっ!!と広がる景色も。

さあ、次はどんな「かぜのうた」が聞こえるでしょうか?
この絵本を片手に、あなたのまわりの「かぜのうた」を、見つけてみませんか。
子供たちの豊かな感性を育む一冊です。

国際的に活躍する注目のイタリア人作家フィリップ・ジョルダーノ。
一度見たら忘れられない、シンプルな形とヴィヴィッドな色使いは、赤ちゃんから大人まで多くの世代を魅了してきました。
スイス人の父とフィリピン人の母を持ち、ヨーロッパとアジア両方で活躍するフィリップ。今回は、そのコスモポリタンな感性を通じて、日本の四季をリズミカルに表現しました。
小さいお子さんはテンポ良いリズムで、大人は洗練された美しいイラストで、幅広い世代が楽しめる絵本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • くりかえし、擬音、季節を表す絵。感覚を養うのに良き。ただフォントの動き多用が個人的にマイナス要素。

  • 6ヶ月。

    読み聞かせ40冊目。

  • 風がふいたら、たんぽぽの綿毛が、ふわりふわりと飛んでいく。シャボン玉はぽわんぽわん。こいのぼり。風鈴。風車。稲穂。すすき。落ち葉。台風。焚火。吹雪。凧。四季の風の動きと音が描かれている。
    ※音に合わせて文字の形を変えている。はっきりとした形や味わいのある絵もいい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1980年イタリアのリグーリア州に生まれる。ミラノのブレラ美術学校、ヨーロッパデザイン学校で学び、トリノでアニメ制作技術のマスターコースを修了。さまざまな国で雑誌や書籍の仕事をする。2010年ボローニャ国際絵本原画展入賞。主な絵本に、『まっくろくろのおばけちゃんのぼうけん』(デヴィッド・カリ文、岩崎書店)、『ふうせんであそぼう』(高橋淳文、福音館書店)等がある。2

「2021年 『朝ごはんは、お日さまの光!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沢辺満智子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×