平野甲賀と

著者 :
  • NEAT PAPER
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784991170904

作品紹介・あらすじ

大胆かつ繊細な描き文字を配した数多くの本の装丁、そして演劇集団「黒テント」のポスターデザイン・舞台美術などの仕事で知られる装丁家・グラフィックデザイナー、平野甲賀による描き文字〝画文集〟の決定版。

甲賀氏が82歳になった日、写真家の息子が娘をつれて父を一日撮影した……。老人力が増して来た甲賀氏を囲んで若きふたりのデザイナーが、描き文字選びに、作品選定に、レイアウトや造本に勤しんだ……。

本書はそんなふうに平野甲賀と数人のメンバーによって編んだ一冊です。制作中の合言葉は「絵本のように」。文字は風景なんだ――。甲賀氏のそんなことばに想をえたものでした。自身の手による描き文字作品群やエッセイのほか、制作風景や幕間のひとこま(撮影=平野太呂)、寺子屋「マルテの学校」の活動のこと(記録=編集部)、大好きなイラストレーターの作品(画=小島武)など、描き文字・画・写真・文をにぎやかに収めました。B5変型、コデックス装、カラーページ多数。

[著者のことば]
本書の制作にかかわっていると、ぼくは三十数年前につくった装丁術*のことを思いだした。あのときもワイワイみんなで作っていた。たしかぼくは40代で仕事場には猫がちょろちょろ出入りするし、庭で幼い娘が泣き叫んだりしていた。できあがった「平野甲賀と」はなんだかあの本の続き、あの本への30年後の返信みたいだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1500部限定ですって、、、

    「平野甲賀と」刊行のお知らせ | BOOK AND SONS
    https://bookandsons.com/blog/book-review/hiranokouga.php

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1938 年京城・現ソウル生まれ。装丁家、グラフィックデザイナー。
武蔵野美術学校デザイン科卒業後、高島屋宣伝部を経てフリーとなる。
1964 年から 1990 年にかけて晶 文 社のほぼ 全ての本の装 丁を手がける。
1973 年創刊 「ワンダーランド」ではアートディレクターをつとめる。
1984 年に 「講談社出版文化賞」ブックデザイン賞を受賞 (木下順二著『本郷』装丁)。また、これら本や雑誌の仕事と並行し、演劇集団「黒テント」の活動に長く携わる。78 年からは「水牛通信」「水牛楽団」に参加するなど 〝移動〟 劇団楽団と縁深い。
国内外での展示多数。
2014 年に小豆島へ移住。現在高松市在住。

「2020年 『平野甲賀と』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平野甲賀の作品

ツイートする
×