Exile on Main St.

アーティスト : The Rolling Stones 
  • Virgin Records Us (1994年7月26日発売)
3.78
  • (18)
  • (6)
  • (30)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0724383952427

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の退屈な人生に運命の鐘を鳴らしてくれたアルバムです。

    16歳の自分はBLUESの意味さえ知らなかったけど、聴くたびににじわじわと衝撃がやってきて、
    気付いた時には、朝から晩まで聴き狂ってました。

    彼らが今も最強のROCKバンドと呼ばれている最大の理由は、
    時代の流行を取り入れつつも
    敬愛するブルースを
    逸脱しなかったこと。
    ルーツを掘り下げ曲に深みを与えていくことこそが、
    時を越える表現に繋がってるんじゃないかな。

    1972年発表のこのアルバムは、アメリカのブラックミュージックのルーツ(R&B、ブルース、カントリー、ロックンロール、ゴスペルなど)を見事に昇華したストーンズ流ロックの旅とも言うべき傑作です。

    音質はあまり良くないけど(笑)、荒々しく猥雑でルーズな、彼らにしか出せない
    『うねるグルーヴ感』は
    ロックが好きであればあるほど、
    抗えない魅了があります。


    ホンキートンク風ピアノとブラスが印象的なグルーヴ感満点のオープニングナンバー
    『Rocks Of』、

    ロックの醍醐味を凝縮した必殺キラーチューン
    『Rip This Joint』、
    スリム・ハーポのファンキーなカヴァー
    『Shake Your Hips』、
    ルーズで粘り気のあるブギナンバー
    『Casino Boogie』、

    ミック・テイラーとキースの絡みが絶妙な代表曲
    『Tumbling Dice』、

    ミック・ジャガーの気だるいVoが最高にカッコいいカントリー調ブルース
    『Sweet Virginia』、
    キースがメインVoをとった爽快なロックナンバー
    『Happy』、

    重厚なブルースナンバー
    『Ventilator Blues』、

    ドクター・ジョンがバックコーラスで参加したソウルバラード
    『Let It Loose』、

    素晴らしいテイラーのソロが聴ける、これぞストーンズロックの
    『All Down The Line』、

    これまたテイラーのスライドが冴えるロバート・ジョンソンのストーンズ流カヴァー
    『Stop Breaking Down』、

    荘厳なゴスペル風女性コーラスとテイラーのソロが素晴らしい
    『Shine A Light』、

    そしてドラマチックなラストナンバー
    『Soul Survivor』など、

    『ロックは進化なんてしない。ただ純化していくだけ』と言うキースの言葉を体現した、時が経つに連れて深みを増す名盤!

  • ベスト盤みたいなオリジナルアルバム。
    もし自分的ベスト盤を作るなら必ず入れる!というのが"Shine A Light"。歌詞好き。間奏かっこいい。
    "Casino Boogie " "Tumbling Dice " " Sweet Virginia"もかなり好きです。全部好きだけど。

  • 史上最高のロックンロールアルバムってこれですか?
    そうなんでしょ!?

  • ロックンロール、そしてそこからロックが生まれて、ジャズとか電子音楽も互いに刺激し合って、それから何十・何百万人ものアーティストが何億種類ものアルバムを出してきたんだろうけど、これは個人的にその最高峰。史上最高のアルバム。

    もう演奏を超えてます。なんというか、人が作り出した音というより、超自然的なものが生み出した音。ボーカルすらも人の声を超えてる。
    ストーンズってよく悪魔の音楽って言われるけど、ほんとにそう。人間がやれること超えてる(笑)

    ロックのある面では、最高の瞬間というか、最高到達点があります。

  • 数年前に借りた。

    このころのストーンズって何て格好よいのだろう。
    今ちまたに溢れてる音楽より何十年も昔の音楽の方がCOOLってのは

  • ガレージで録った様な音(実際にキースの個人スタジオらしい)、一発録り?
    これこそストーンズ!

  • ストーンズの全てが詰まってるねん、聞いたほうがええよ??
    仲いいこが、ライヴ行ってきてん!!うらやましぃわ〜ボケッ(笑

  • "ストーンズの全て"<br>
    <a href="http://stereotype2.blog48.fc2.com/blog-entry-57.html" target="_blank">
    レビュー詳細(ブログ記事)>></a>

  • “A Bigger Bang"発売記念。世の中的には“Tumbling Dice”なんだろうけど、ボクはキースの歌う"Happy"が好き。ジャケット写真はR.フランク。

  • 私のオールタイムベスト1!70年代ストーンズが生んだ奇跡の1枚。ロックンロールの持つヤバさ、卑猥さ、芳醇さ、至福感がギュッとひとつにまとまり、それがスピーカーから大音量で放出され、私を包む。ああ…!大傑作です。未聴の方はぜひ聴いてみて下さい。お願いします。

全11件中 1 - 10件を表示

Exile on Main St.のその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする