No Reason to Cry

アーティスト : Eric Clapton 
  • Polydor / Umgd (1996年9月10日発売)
3.46
  • (2)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0731453182424

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • NO REASON TO CRY どの様に訳すのか?

  • Eric Clapton (Cream, The Plastic Ono Band) - ギター、ボーカル
    George Terry: Guitar
    Dick Sims: Keyboards
    Carl Radle (Derek and the Dominos) : Bass Guitar & Vocals
    Yvonne Elliman - ボーカル
    Marcy Levy (Shakespears Sister) : Vocals
    Jamie Oldaker (The Tractors) : Drums
    Bob Dylan : vocals
    Robbie Robertson (The Band) - ギター、キーボード
    Richard Manuel (The Band) - キーボード
    Garth Hudson (The Band)- キーボード、サックス
    Rick Danko (The Band) - ベース
    Levon Helm (The Band) - ドラム
    Ron" David Wood (Faces, Rolling Stones) - ギター
    Jesse Ed Davis - ギター
    Melvin Wah Wah Watson - ギター
    Billy Preston (The Plastic Ono Band) - キーボード
    Georgie Fame - キーボード


    Released August 1976
    Recorded 1976

    1."Beautiful Thing" (Rick Danko, Richard Manuel) – 4:26
    2."Carnival" (Clapton) – 3:44
    3."Sign Language" (Bob Dylan) – 2:58
    4."County Jail Blues" (Alfred Fields) – 4:00
    5."All Our Past Times" (Clapton, Danko) – 4:40
    6."Hello Old Friend" (Clapton) – 3:36
    7."Double Trouble" (Otis Rush) – 4:23
    8."Innocent Times" (Clapton, Marcy Levy) – 4:11
    9."Hungry" (Levy, Dicky Simms) – 4:39
    10."Black Summer Rain" (Clapton) – 4:55
    11."Last Night" (Walter Jacobs) – 4:52*

  • クラプトンさんの持ち味を、アメリカ人が引き出した。
    やっぱ、持つべきものは「友人」というアルバム。

  • 究極の「レイド・バック」です。タイトルもお気に入りの1枚。

全4件中 1 - 4件を表示

No Reason to Cryのその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする