Viva! La Woman

アーティスト : Cibo Matto 
  • Imports (1996年1月16日発売)
  • Windows 95
3.41
  • (5)
  • (6)
  • (28)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0093624598923

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Yuka Honda (The Plastic Ono Band) : sampler and sequencer, keyboard, piano, organ, synth, harpsichord, backing vocals
    Miho Hatori: Lead vocals, percussion, acoustic guitar
    Sean Lennon (The Plastic Ono Band) : Bass guitar, (electric, 12-string and acoustic) guitar, drums, percussion, synth, backing vocals
    Timo Ellis: Drums, percussion, bass guitar, (electric and acoustic) guitar, backing vocals
    Duma Love: Percussion, vocals, turntable, beat box

    Released January 16, 1996

    1."Apple" (Cibo Matto) – 4:01
    2."Beef Jerky" (Cibo Matto) – 2:28
    3."Sugar Water" (Cibo Matto, Ennio Morricone) – 4:29
    4."White Pepper Ice Cream" (Cibo Matto) – 5:10
    5."Birthday Cake" (Cibo Matto) – 3:15
    6."Know Your Chicken" (Cibo Matto) – 4:21
    7."Theme" (Cibo Matto) – 10:49
    8."The Candy Man" (Leslie Bricusse, Anthony Newley) – 3:11
    9."Le Pain Perdu" (Cibo Matto) – 3:29
    10."Artichoke" (Cibo Matto, Kudsi Erguner) – 6:41
    11."Jive" (Cibo Matto) – 0:18

  • 評価保留

  • 一時期何故かハマった。

    ブームもとっくに過ぎていたというのに。

    舌足らずな英語がかわいカッコ良く聞こえたのだろうか。

  • 「食べ物狂い」は音もおいしけりゃ何でも食べる。ヒップホップマナーのビートとサンプルで織り成す、女の子の美しくてメランコリックで不思議な世界。タイトルは『VIVA! LA WOMAN』だが、2ndがWOMANで、この1stはGIRL。

  • 妙にぬけてる。

  • ちょいとひねくれたピュア・ポップ。

    ポップってなんだい?なんて言う事なかれ。ここにあるじゃないか。

全6件中 1 - 6件を表示

Viva! La Womanのその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする