The Beatles (The White Album)

アーティスト : The Beatles 
  • Capitol (1988年8月24日発売)
3.60
  • (27)
  • (16)
  • (69)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 183
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0077774644327

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジャンルはばらばらな印象だけど素晴らしい曲が多いのも事実なわけで。ボーカルごとに一曲ずつ選ぶなら"Happiness is a Warm Gun" "Honey Pie" "Savoy Truffle" "Don't Pass Me By" がおすすめです。

  • 「ホワイトアルバム」として知られる無地のアルバム。
    なんで、タイトルが「THE BEATLES」なのだろうか。
    そして、なんでジャケットが無地なのであろうか。

    USSRの「キューン」からPrudenceへの入りがなんか好き

    I willとJuliaは本当に名曲!
    I'm so tiredは疲れた時よく歌います。

    Birthdayはドリフでよく聞いたことのある音楽。
    「9」は・・・何これ??

  • 落ち着いた雰囲気の曲が多いかな。
    Dear Prudence
    Mother Nature's Sun
    Sexy Sadie
    が、特に好き。

  • ひたすら面白いアルバム。
    こちらの想像も超えるようなメロディラインと録音アイデアが滂沱の如くあふれ出てくる。
    これを聴いていると自分は結構ジョン派かなーと思う。
    自分が所持しているのは中古で買った30周年記念盤。
    レコード盤の仕様を細かく再現したやつで(勿論シリアルナンバーも!)、
    海外盤とは思えないぐらい仕事が丁寧で素敵。

  • このアルバムでよく聴いていたのは、
    「Back in the U.S.S.R.」
    です。
    ビーチボーイズの「サーフインUSA」というサーフィン曲に対抗するような曲でした。
    なんとなくどちらも聞いていました。

    どちらがいいというよりは、その時代を代表するような2曲だと思いました。

  • また昨日聴いた。
    いわゆる無人島レコード。
    最悪この一枚があればなんとかやっていけると思う、自分にとってはそんなアルバム。

  • 歌詞とか適当でおもしろいなーと思ってたら、めちゃくちゃまっすぐな真面目な曲も出てきてって気分の上下繰り返して、でも最後はどんどん気持ちいい方向に持っていかれて、充実した気分で聞きおわる、っていう楽しいアルバムだと思って聞いています。

  • 世間に出回る2枚組アルバムというと、期待に反するものが多い中、これだけは違うと胸を張って言える。

    「これがビートルズのサウンドなの?」

    いや、これこそビートルズのサウンド。

    一番好きな曲は『helter-skelter』!!!

  • 誰もが認める名盤だよ、ええ。間違いないですよ。ビートルズで一番好き。しかも、あたしはDisc2の方が好きかな。どうもDisc2ばっかり聴いてしまう。何故かっていうと、やっぱDisc1の?が好きじゃないから。あの始まり方が嫌でDisc1よりもDisc2をいっつも選んでしまうのだよな。でも、ビートルズのアルバムはどれ聴いても思わずこんなすげいの作るのはずるいってと呟いてしまいたくなる。。(04/12/26)

  • "飽きがこない個性的な楽曲群"<br>
    <a href="http://stereotype2.blog48.fc2.com/blog-entry-7.html" target="_blank">
    レビュー詳細(ブログ記事)>></a>

全13件中 1 - 10件を表示

The Beatles (The White Album)のその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする