スウィートボックス~ニュー・エディション

アーティスト : スウィートボックス 
  • RCAアリオラジャパン (1998年7月23日発売)
3.43
  • (3)
  • (4)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988017080009

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 色んな音楽をサンプリングしていてちょっと面白かった。

  • ティナ・ハリスも悪くないのだけれど、ジェイド時代のsweetboxがあまりにも素晴らしいので・・・。バッハの「G線上のアリア」をクラシカルクロスオーバーした「エヴリシング・イズ・ゴナ・ビー・オールライト」は、名曲。

  • クラシックとHIPHOPの見事すぎる融合。
    彼らのデビュー作であり最高傑作。捨て曲なし。
    G線上のアリアをフューチャーした「Everything's gonna be alrig」収録。

  • いい曲が多いこのアルバム☆
    #8の「Everything gonna be alright」は皆どこかで聞いたことあるのではないでしょうか??
    そのくらいよく耳にする名曲です^^

  • クラシックを現代風にアレンジしたSweetboxの存在はかなり革新的だった。G戦場のマリアにラップをつけたEVERYTHING'S GONNA BE ALRIGHTは皆知ってるんじゃないかな。vocalがまだTinaなのでこのアルバムはHIPHOPですね。

全5件中 1 - 5件を表示

スウィートボックス~ニュー・エディションのその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする