Brand New Day

アーティスト : Sting 
  • Interscope Records (1999年9月28日発売)
3.63
  • (10)
  • (10)
  • (25)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :71
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0606949044329

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「Ghost Story」ーーが、同性愛の悲恋ものにしか聴こえないのだが…。ゲイの友人を避け続けた主人公が彼の死後に自分の気持ちを自覚する…みたいな。妄想です。

  • もはやロックってカテゴリの人ではないなぁ。
    ポリスのスティングって思って聴いてしまうともはやあれなんでしょうね。
    とってもイージーリスニング。なんていうかジャズっぽいというか。時にボサノヴァ風とかカントリー風というか。
    のんびり読書の友にいい音楽かもしれない。それでいいのかよくわからんが。

  • Stingの孤高で、かつ、ナイーブな感じが好きだ。
    オトコとしてなんとなく憧れを感じる。
    曲から感じるSting像であるので
    実際どんな人物なのかは分からないけれど・・・

    突然、Stingが聴きたくなった。
    それも、このアルバム収録にされている「Desert Rose」だ。
    この曲には20代の思い出が埋まっている。
    何となくそんなときが懐かしくなって聴いてみたくなったのか。
    春という季節は始まりの季節でもあるけれど
    終わりの季節でもあって・・・だから聴いてみたくなったのか。
    そんな感傷に浸りたくなったのか。

    そんな感情的なところはおいて
    Stingの色々な代表曲はあるけれど
    エキゾチックかつ哀愁味のあるこの曲が一カッコいい。

  • スティングがますます冴えている♪

  • 大人なポップスです。
    『Thousand Years』や『Desert Rose』は、とてもエスニック。なんだか不思議な世界に連れて行ってくれます。
    ラストの『Brand New Day』を聞くとスティービー・ワンダーのハーモニカと共に、明日も頑張ろう!と、元気になれます。

  • 「Desert Rose」好きです。この雰囲気は若造には作れまい!!

  • Insideと、アルバムタイトルにもなってるBrand New Dayが(今)一番のお気に入り。
    歌詞の流れも二曲とも似てますね。
    後の曲はね…あんまりアラブアラブしたスティングはちょっとやなんです。

全8件中 1 - 8件を表示

Brand New Dayのその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Brand New Dayはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする