Aja

アーティスト : Steely Dan 
  • MCA (1999年11月23日発売)
3.83
  • (34)
  • (19)
  • (49)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 161
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0521312548733

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 傑作

  • ウォルター・ベッカーの訃報を知り、聴いた。あまりにも洗練され過ぎたジャジーなポップ・ミュージックの世界。難解ながらも聴きやすく、聴き応えがあるポピュラー・ミュージックの一つの完成形。

  • 名盤中の名盤。シティポップの最高峰。ジャズが根幹にある気がします。兎に角センスの塊。

  • 2016.1.3 レンタル

  • aja ←仏陀の顔文字。聖☆お兄さん。邦題は「彩」。ジャケは|||-_||| 貞子みたいでちょと怖い((((;゚Д゚))))

  • スティーリー・ダンの最高傑作、いやAORの最高傑作。
    全曲美しいが特にタイトルトラックの「Aja」が気持ちいい。
    コード進行の妙がたまらない。

  • (オリジナル盤発売1977年)

  • こういう音楽が悪くない、どころか良いなあと感じるようになったということは年をとったということなんだろうな、と思いながらしみじみと聴き入る。

  • 改めて。
    AjaのSteve Gaddのドラムはやっぱりヤバい。
    後半は少し飽きる。
    でも名盤って言われるのは分かる。
    久々に通しで聴いて楽しめた。

  • Aja//Steely Dan

    とってもお気に入りの曲達です(笑)

    なんせ私が大学の時、友人に勧められて聞き始めてから早!何十年?(汗)

    摩訶不思議なコード進行とシニカルな歌詞。

    ジャズやR&Bをベースにしたサウンドは洗練されてクールだが、どこか歪んで無国籍的なイメージがあって、70年代後半から80年代のAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)やフュージョン・ブームの中で、圧倒的な存在感を放ったスティーリー・ダン。

    その後、彼等は一流スタジオ・ミュージシャンを総動員して、演奏テクニックの粋を曲にあてはめていく方法論で、『幻想の摩天楼』『彩(エイジャ)』『ガウチョ』といった完璧なアルバムを発表していきます。

    特に『彩(エイジャ)』は全米3位となり、山口小夜子がモデルのジャケットと相俟って、日本でも人気が高い不朽の名作ですねぇ(笑)

    ラリー・カールトンやスティーヴ・ガッド、チャック・レイニーといった凄腕のミュージシャンが自分の作品以上のプレイを披露し、当時ブームとなっていたフュージョン界にも戦慄が走ったほどです!

    Steely Danは元々自分の作曲した曲を音とするべくDonald Fagenらが組んだバンドなんですが、Fagenも最初は歌う気はなかったらしいのです。

    やがて彼らは凝りに凝ったスタジオワークで傑作を作り出していきます。

    ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカー及びプロデューサーのゲイリー・カッツらが造り出した究極のフュージョン・サウンドであり極上の都市型音楽アルバム「Aja」から表題曲”Aja”。

    気難しい完璧主義者としてスタジオミュージシャン達から恐れられていたスティーリ-・ダンの絶頂期のアルバム「Gaucho」から”Babylon Sisters”。

    ウエストコースト特有の乾いたロックンロールを基軸に、ジャズ、ソウル、R&Bなどの多彩な音楽要素をフィーチャーしたそのサウンドが心地よいスティーリー・ダンのドナルド・フェイゲンがソロとして放った傑作アルバム「The Nightfly」から”Nightfly ”。

    3曲つづけてお聴き下さい(笑)

  • 都市の躍動 by パーディ、ガッド。 瑞々しさ by レイニー、フェルドマン。 そして負け犬のダンディズム。by Mr. Donald Fagen

  • popらしからぬ、ハーモニーの浮遊感を持つDeacon Bluesを聞いて思わず購入。
    どこかショーターの平行和音に通じる感覚があるような。
    どの曲も丁寧に作りこまれている感じを受けて、聞けば聞くほど味が出る。

  • 完璧を追求し、そしてそれをありえないレベルで実現した作品。
    STEELY DANは当初バンド形体で活動していたが、この「Aja」を発表する頃には、Donald Fagen(vo,key)とWalter Becker(g,b)の二人のユニットとなり、その他のパートは曲ごとに最適なミュージシャンをまさに適材適所という感じで贅沢に配し、完全無比の世界が創られた。
    特に#1や#5などで聞かれる「間」が素晴らしい。これは、適格なリズム感の所産であることは当然だが、これと同時に極限まで無駄な音を排した、STEELY DANのスタジオワークによるところも多かろう。
    いずれにしても、捨曲なしの、文句ない名盤。

  • ソウル・ミュージック、ジャズなどを都市感覚溢れる抑制の利いた緻密なアレンジと演奏で聴かせる彼らのスマートな魅力が全面展開された超名盤!!長時間スタジオに篭り作り上げられたそのハイ・クオリティ・サウンドは、注意深く聴くと非常に細かい計算によって成り立っていることが判るが表面的にはムズかしくなく誰もが楽しめるAOR/ポップスにしあがっている所が凄い! M4はラップ・グループ、デ・ラ・ソウル1stのネタの一つとしても有名。1979年度作。

  • う〜ん♪カッコよいな。曲も演奏もよい。でもカッコよさの押し付けもない。そのさりげなさも、またカッコえぇ〜。

    • rie_buzzy49さん
      おかげで 昔の記憶をよみがえらせてくれました(笑)
      今でも 古さを感じないんだねv
      おかげで 昔の記憶をよみがえらせてくれました(笑)
      今でも 古さを感じないんだねv
      2008/08/12
  • オリジナルメンバーが二人になってからの初のアルバム。
    かなりジャズ色が強い。
    1977年発表。

  • このアルバムは、20世紀の名盤でしょう!(笑)言う事は無い!!

    とにかく聴くべし。
    彼らの最高傑作の一枚ですね。
    特に‘Home At Last’が大好きなんですがいかがでしょう!?

  • コード進行の魔法。何回聴いても飽きない。

  • 先日たまたま聞いたcharのラジオで「AJA」のギターの音に一目?惚れ。ベストと最近のと2枚のCDを持っていながら、実は彼らの音楽がよくわかっていない罠。<div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00003002C/ieiriblog-22" target="_blank">Aja</a></div><div class="booklog-pub">Steely Dan / Mca(1999/11/23)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:893位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/5.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00003002C/ieiriblog-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/arena622/asin/B00003002C" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

  • 1977年にリリース。1970年代を代表する名盤。大人の音楽って感じ。

全21件中 1 - 20件を表示

Ajaのその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする