HEART

アーティスト : L’Arc~en~Ciel 
  • キューンミュージック (1998年2月24日発売)
3.71
  • (182)
  • (77)
  • (350)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 757
レビュー : 106
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0766482930647

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中学生だった自分がはまったのが理解できるアルバム。
    妙にカッコいい。

  • ラルクの中で一番好きなアルバム。
    最初から最後まで全くだれずに聴ける。

  • LORELEY / winter fall / Singin' in the Rain / Shout at the Devil / 虹 (Album Version) / birth! / Promised land / fate / milky way / あなた

  • 活動休止後の新生ラルクの方向性を示した5thアルバム。
    前作『True』が初期ラルクの総決算的な内容であるとすれば、今作は中期ラルクの始まりを告げる内容となっており、それまでのポップス路線から大きくロックにシフトした作品となっている。

    シングル『虹』で活動再開したラルク。ドラマーがsakuraからyukihiroにチェンジしリスタートを切ったわけだけど、今となっては結果的にこの活動休止期間がバンドに最高の結果をもたらしたと思う。sakuraのドラムからパーカッションまで幅広く手掛ける華やかで軽快なプレイから、yukihiroの派手さはないけど、正確にリズムを刻む緻密なドラムプレイへの変化はバンドに重厚感を与えた。また、極端には音楽性を変えなかったことで(ロックというよりはポップ・ロックにシフト)、既存のファンの心も掴みつつ、新規ファンの獲得にも成功。あと決定的に良かったのが、先行シングルの出来。『虹』・『winter fall』とインパクトのある曲をリリースし、音楽番組へも多数出演、年末にはバンド初となる東京ドームでの復活ライヴなど、プロモーションも成功。そういう様々な要素がすべてうまくいった中でリリースされたのが、この『HEART』だった。

    前述のシングル以外にも、『LORELEY』・『Shout at the Devil』・『fate』など、現在でもライヴで頻繁に演奏される楽曲が収録されており、クオリティ高し。確か、予約だけでミリオンを達成した今作。この『HEART』の成功によって、バンドは大きな一歩を踏み出し、あの1998年の音楽シーンを席巻することになるのである。

    ※個人的に、『winter fall』のPVのhydeが一番好きです。東京ドームの復活ライヴのも好きだけど。あの頃の髪型にまたしてくれないかなー。。
    ・・あっ!そうそう、今日は1月29日。hydeさん、44歳のお誕生日おめでとうございます♪

  • 「Shout at the Devil」が好き。

  • 個人的にいちばんラルクっぽいアルバム。「ray」のお兄ちゃんのイメージ。
    はじめてユッキーが参加した記念すべきアルバム。

  • fate、Promised land、Singin'in the Rain、あなた、虹

    活動再開後初のアルバム。
    だけど勢いだけではなく、憂いを帯びた曲が多い。
    そこがある意味「ラルクらしさ」を位置づけたのかもしれない。名盤。

  • 次の時代が始まった一枚。

  • Shout at Devil
    birth!
    milky way
    winter fall

  • ラルクのアルバムの中でもかなり好きな1枚。
    「LORELEY」の壮大さにはひたすら感動するし、「fate」は個人的にラルクのベスト曲。

    音がこもってる感じがするのが難点ですが、「fate」が入ってるってだけで5つ星(笑)

全106件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする