LITTLE BUSTERS

アーティスト : the pillows 
制作 : 山中さわお 
  • キングレコード (1998年2月20日発売)
3.72
  • (50)
  • (32)
  • (100)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 262
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988003211837

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「昨日まで選ばれなかった僕らでも 明日を待ってる」ハイブリッド・レインボウ

  • ピロウズはピロウズでしか出せない音、雰囲気を持っている。なかでも、ハイブリッド・レインボウは、何度聞いても名曲だ。「ここは途中なんだって、信じたい」というフレーズにいくどとなく私は救われた。

  • 「THAT HOUSE」が好き。
    キミは僕を待ってて、僕は彼を待ってて、彼はキミを待ってるってなんのこっちゃだけど、曲と歌声がとてもいい。にこにこ。

    「パトリシア」も好き。
    ご機嫌が伝染するウキウキするような歌。にこにこ。

  • ピロウズがまさに覚醒した1枚。

    前作『Please Mr.Lostman』よりも、音がラウドかつアグレッシブになった印象を受ける。いずれにしても、この頃のピロちゃんのリリースされた作品はすべて名盤。捨て曲なんか一切なし。

    さわおさんお得意の(?)後ろ暗い曲から、ノリノリの曲までぎっしり濃縮。

    高校生の頃からリアルタイムでずっと聴いているけれど、全然古くならない。当時、ピロウズのことをまったく知らないクラスメイトたち(つか、ほんとに誰も知らなかったな、笑)に、これを聴け!と薦めて、全員が「うぉぉ、ピロウズすげー!」と驚愕させたことは、ちょっとした自慢。

    今、中学生や高校生だという人へ。ピロウズを聴きなさい。これが本当のロックだよ。

    【収録曲】
    1.Hello,Welcome to Bubbletown's Happy Zoo(Instant Show)
    2.アナザーモーニング
    3.ONE LIFE
    4.THAT HOUSE
    5.like a lovesong(back to back)
    6.Nowhere
    7.ハイブリッド レインボウ
    8.Blues Drive Monster
    9.パトリシア
    10.Black Sheep
    11.LITTLE BUSTERS

  • 無性に聴きたくなる曲がこのアルバムには詰まっている。どの曲も外せない。ロックなナンバーが続く。ギターのサウンド、走りっぱなしのドラム、休むことのないボーカル。どれをとってもかっこいい。

    売り上げとかそういうのじゃなくて純粋に聞き込んで良いなあと思うアルバムは少なくてとりわけthe pillowsの曲たちはあまり売り上げという面での評価はされてこなかった。でも、確実に言えるのはバスターズの変わらないthe pillowsへの信頼。そして、次は何がくるんだろうというわくわくする感じ。今も聞き込みたいけど、次も次も早く聴きたい、そう思わせるアーティスト。なかなかいないんじゃないだろうか。

    同期のアーティストにリスペクトされる理由も分かる。というと、おこがましいがでもこれだけは言える。やっぱりthe pillowsは何をやってくれるのかわからない。けどそれがいつもわくわくドキドキで結果聴くとやられた感がある。それはもう、がっつりライブで聴きたくなる曲たちなのだ。

  • ★LITTLE BUSTERS

  • 「たっぷり舐めたら、暴れる予定」

    確か当時こんなキャッチコピーがついてたことを覚えている。この作品は僕の青春ど真ん中。
    前作からの流れを汲みつつよりロック色強めに仕上がった名盤。発売日当日部屋で聴いていて1人で大興奮してました。

  • ピロウズだったらこれが好き
    庶民的でどこかなげやりで、そんなかんじ

  • 1998年発表の名盤!憂いのある切ない曲とキャッチーなメロディーのロックな曲とのバランスがいいアルバムです。何かが吹っ切れたかのような前向きな明るさも感じます。現状を打破するカギは自分自身が持っていて、誰も助けてはくれないと歌う『Another Morning』、“立ち止まればそれまで。僕が終わるしるし”に何度励まされたことか、名曲『ONE LIFE』、サビにかけて爆発する切実な叫び“限界なんてこんなもんじゃない”は誰の胸にも刺さる名曲『ハイブリッド レインボウ』、憂鬱な世界を踏み潰してくれる怪物を待ち望んでいる少年の歌『Blues Drive Monster』、ほのぼのミディアムのLovers Rockナンバー『パトリシア』、ファンとの絆のロックアンセム『LITTLE BUSTERS』など、文句ナシのロックアルバムです。

  • はじめてピロウズを聞いたのが『LITTLE BUSTERS』ではじめて買ったアルバム。いまだに一番好き!

全29件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする