チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>

アーティスト : ベルリン放送交響楽団 
制作 : ベルリン放送交響楽団  チャイコフスキー  フリッチャイ(フェレンツ) 
  • ポリドール (2015年5月8日発売)
3.80
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988005178961

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「悲愴」も含めてフリッチャイの復帰後の演奏には、ときどきやや病的な表情が見られます。前に進むのを忌避するような、それどころか後ろに引き戻すような、異常に重い音楽の進み方がそれで、「悲愴」にも異様に進みが重い箇所がいくつもあります。ひょっとしたらこの人は、曲が終わって音楽が止んでしまうのを恐れていたのかも知れない、音楽に死ぬほど焦がれていながら、一度始まったらいつか必ず終わりがやってくる、そのことがまた死ぬほど恐くていやでたまらないとしたら・・・
     それならその人は本当に死んでしまうしかないのかな、それでこの人は若くして亡くなったのかな、なんて妙なことを考えてしまうくらい、切実に差し迫って、ものすごい質量で、音楽を前へ進めまいとして、でも一度始めてしまった音楽は演奏すればした分だけ、非情に終わりへ近づいていく。演奏はしたいけどしたくない、そんな葛藤があったかも知れないと思われるような瞬間が、たとえばシュトラウスの「皇帝円舞曲」なんかで突然訪れるのです、この人の場合。まあこれはあくまで私の感じですけど。

    詳細⇒ http://hoch.jugem.jp/?eid=184

  • 今回の悲愴は気に入った。この指揮者、ちょっと気になる。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>を本棚に登録しているひと

ツイートする