ザ・ビートルズ

アーティスト : ザ・ビートルズ 
  • EMIミュージック・ジャパン (1998年3月18日発売)
3.76
  • (57)
  • (17)
  • (99)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 216
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988006740037

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2枚組み。
    ビートルズってゆう会社の中で4人が別々の部署で働いてる。
    物語調の曲がおおくて、イギリスの絵本を読んでるような錯覚をした。
    ジョンレノンの前衛的な曲と、牧歌のような曲と、子守唄のような曲が好き。
    エリッククラプトンとジョージのギターサウンドはすごいなーよく思いついたなあっておもう。
    でもギターに関していえば、赤盤のほうがキャッチーでシンプルで好き。

    ジョージはストラトを使ってそう。
    おれの中で、グレッチの音がジョージの音って決め付けてる。

  • 楽しくロックBack In The U.S.S.R、Birthday、ハードにロックYer Blues、Helter Skelter、While My Guitar Gently Weeps、Happiness Is A Warm GunマジキチにRevolution 9、アコースティックにMother Nature's Son(ツゥーツゥーの至福感)、Blackbird、I will、julia、まったりCry Baby Cry、Revolution1、オーケストラでGood Night。カントリーンゴなDon't Pass Me By、大好きDear Prudence、その他Honey Pie、Martha My Dear、Piggies

  • EAS67157-58

  • George Harrison – lead, harmony and background vocals; lead and rhythm (electric and acoustic) guitars, four- and six-string bass guitar; Hammond organ; drums and assorted percussion (tambourine, hand shake bell, handclaps and vocal percussion) and sound effects

    John Lennon – lead, harmony and background vocals; lead and rhythm (electric and acoustic) guitars, four- and six-string bass guitar; pianos (electric and acoustic), Hammond organ, harmonium, mellotron; drums and assorted percussion (tambourine, maracas, thumping on the back of an acoustic guitar, handclaps and vocal percussion); harmonica, saxophone and whistling; tapes, tape loops and sound effects (electronic and home-made)

    Paul McCartney – lead, harmony and background vocals; lead and rhythm (electric and acoustic) guitars, four- and six-string bass guitar; pianos (electric and acoustic), Hammond organ, drums, timpani and assorted percussion (tambourine, handclaps and vocal percussion; drums (on "Back in the U.S.S.R." and "Dear Prudence"); recorder, flugelhorn and sound effects

    Ringo Starr – drums and assorted percussion (tambourine, bongos, cymbals, maracas, vocal percussion); electric piano and sleigh bell (on "Don't Pass Me By") , lead vocals (on "Don't Pass Me By" and "Good Night") and backing vocals ("The Continuing Story of Bungalow Bill")

    Guest musicians
    Eric Clapton – lead guitar on "While my Guitar Gently Weeps"
    Mal Evans – backing vocals and handclaps on "Dear Prudence", handclaps on "Birthday", trumpet on "Helter Skelter"
    Jack Fallon – violin on "Don't Pass Me By"
    Pattie Harrison – backing vocals on "Birthday"
    Jackie Lomax – backing vocals and handclaps on "Dear Prudence"
    Maureen Starkey – backing vocals on "The Continuing Story of Bungalow Bill"
    Yoko Ono – backing vocals and handclaps on "The Continuing Story of Bungalow Bill", speech, tapes and sound effects on "Revolution 9", backing vocals on "Birthday"

    Released 22 November 1968
    Recorded 30 May – 14 October 1968    /9thAlbum/

    the album was ranked number 10 on Rolling Stone magazine's list of "The 500 Greatest Albums of All Time".

    Side one
    No. Title Lead vocals[41] Length
    1. "Back in the U.S.S.R." McCartney 2:43
    2. "Dear Prudence" Lennon 3:56
    3. "Glass Onion" Lennon 2:17
    4. "Ob-La-Di, Ob-La-Da" McCartney 3:08
    5. "Wild Honey Pie" McCartney 1:01
    6. "The Continuing Story of Bungalow Bill" Lennon 3:05
    7. "While My Guitar Gently Weeps" (George Harrison) Harrison 4:45
    8. "Happiness Is a Warm Gun" Lennon 2:43

    All songs written and composed by Lennon/McCartney, except where noted.

    Side two
    No. Title Lead vocal Length
    1. "Martha My Dear" McCartney 2:28
    2. "I'm So Tired" Lennon 2:03
    3. "Blackbird" McCartney 2:18
    4. "Piggies" (Harrison) Harrison 2:04
    5. "Rocky Raccoon" McCartney 3:41
    6. "Don't Pass Me By" (Richard Starkey) Starr 3:42
    7. "Why Don't We Do It in the Road?" McCartney 1:41
    8. "I Will" McCartney 1:46
    9. "Julia" Lennon 2:54

    All songs written and composed by Lennon/McCartney, except where noted.

    Side three
    No. Title Lead vocals Length
    1. "Birthday" McCartney with Lennon 2:42
    2. "Yer Blues" Lennon 4:01
    3. "Mother Nature's Son" McCartney 2:48
    4. "Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey" Lennon 2:24
    5. "Sexy Sadie" Lennon 3:15
    6. "Helter Skelter" McCartney 4:29
    7. "Long, Long, Long" (Harrison) Harrison 3:04

    All songs written and composed by Lennon/McCartney, except where noted.

    Side four
    No. Title Lead vocal Length
    1. "Revolution 1" Lennon 4:15
    2. "Honey Pie" McCartney 2:41
    3. "Savoy Truffle" (Harrison) Harrison 2:54
    4. "Cry Baby Cry" Lennon, with McCartney 3:11
    5. "Revolution 9" Speaking from Lennon, Harrison & Yoko Ono 8:13
    6. "Good Night" Starr 3:11

  • 人生のターニングポイント。
    ビートルズに出会わなかったら違う人生を送っていたはず。

  • ビートルズ10作目のオリジナルアルバム。

    ホワイトアルバムと称されるこのアルバムは、ビートルズ唯一の2枚組みアルバム。
    真っ白なジャケットのエンボス加工して「The Beatles」と明記されたシンプルなジャケットは
    余白を最大限に引き出したデザイン。シンプル、かつ、かなりカッコいいセンスのあるデザインだと思う。

    シンプルなジャケットデザインと正反対な音。
    メンバーそれぞれの楽曲を詰め込んだ多種多様なロック。
    アルバムはトータルコンセプトを重視する自分だが、
    これだけ多種多様だと、こういった作品もありだなと思う。
    もっと言ってしまうと、ジョン、ポール、リンゴ、ジョージのソロ作品を
    「The Beatles」という冠の元に詰め込んだようなアルバムだ。

    音は、今聴いても、素直にカッコいいと思う。
    ヘビーメタルの前景ともいえるような「ヘルス・スケルター」は
    本当にこれがビートルズなのかと思ってしまうほど激しいナンバーには
    正直驚いた。どこかできいたと思うけれど、じっくり聴くと、The Whoばりの
    ロックの激しさを感じる。

    ミュージック・コンクレートと呼ばれる音楽作品「レボリューション9」は、
    とても前衛的な音楽。現代美術の展覧会とかにかかっていそうな音楽。
    アートと呼べるような楽曲も収められているのが実に面白い。

    2枚組みアルバムだと、途中で飽きがくるものがあるが、これは全く違う。
    こんなに引きずりこまれる2枚組みアルバムはなかったかもしれない。

  • 最高傑作

  • Simple is Best.
    ジャケットがすべてを物語っている。

    最高にポップで、ロックで、クラシカルで、アヴァンギャルド。
    どこまでも哀しくて、どこまでも楽しい、音の玉手箱。

  • バンド崩壊寸前の音はさすがです。

  • むせび泣くギターの曲だけでもネ申。
    ジョージ好きにはたまらん。

全31件中 1 - 10件を表示

ザ・ビートルズのその他の作品

1-B000LYXJPSの詳細を見る LP Record 1-B000LYXJPS
1-B0002AOPK4の詳細を見る LP Record 1-B0002AOPK4
1-B07HKTLHVLの詳細を見る LP Record 1-B07HKTLHVL

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする