勝手にしやがれ!!

アーティスト : セックス・ピストルズ 
  • EMIミュージック・ジャパン (1999年9月29日発売)
3.67
  • (24)
  • (5)
  • (45)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988006771581

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現タイトル:Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols / the Sex Pistols

    1. さらばベルリンの陽(1977シングル)
    2. ボディーズ
    3. 分かってたまるか
    4. ライアー
    5. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン(1977シングル)
    6. 怒りの日
    7. セヴンティーン
    8. アナーキー・イン・ザ・UK(1976デビューシングル)
    9. サブミッション
    10. プリティ・ヴェイカント(1977シングル)
    11. ニューヨーク
    12. 拝啓EMI殿

    イギリスのパンクバンド、セックス・ピストルのデビューアルバムにして唯一のオリジナル・アルバム。

  • 「これがパンクの元祖かー」と半ば感動しながら聴いてた。想像していたより破綻していなかったが、心地いい荒々しさがあった。

  • 久しぶりに聞いた。かっこいいよなあ。なんといっても音がいい。高校1年のときに聞いたと思うのだが、第一印象は「音がいい!」だったんだよな。

  • 多分死ぬまで聴ける。生きている限り名盤。で、オンリーワン。

  • これぞパンクw

  • 世間では危ないアナーキー野郎というイメージが強いピストルズですが、曲だけ聞けばそうは思いません。ポップですね、聴きやすいです。でもパンクっぽい曲を聴きたければクラッシュのほうがそれっぽいかな? 意外と洋楽入門にも最適な一枚

  • パンクと言ったらこの一枚。
    元祖パンクバンドsex pistolsの名盤。

  • めちゃいいし、かっこいい、

    いつもきいてます

  • 個人的にはパンクといえばピストルズ。うん。大好きだ。

  • ド━(゚Д゚)━ ン !!!

全15件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする